妊娠・出産・産後

タイで妊娠・出産してよかったこと・よくなかったこと

投稿日:

今回は、わたしがタイで出産してみてよかったこと、安心したこと。よくなかったこと、不安だったことを書いていこうと思います。

産んだ病院はサミティベート病院で、あくまでも個人的な意見になりますm(__)m

よかったこと・安心したこと

★病院の勉強会や、ひめまま会などの参加で妊婦中に友達ができる

★病院が説明会を開いてくれる(バムルンもあり)

★妊娠、出産、子育てに関しての情報が取得しやすい、多い

★家族が立ち会えたこと、新生児から一緒に育児ができたこと

★出産スタイルが選べること(当日でも切り替えられる)

★帝王切開が多いと聞いていたけど、日本人の出産方法は自然または無痛分娩の方が多い(2018年1月~10月時点:自然分娩率18.7%・無痛分娩率38%・初産の帝王切開率19.3%・経産婦または前回帝王切開で帝王切開率19.3%、吸引等その他5.4%)

★サミティベートは日本人の出産人数が多い(2018年1月~10月時点:150人)

★病室、分娩室の衛生面、キレイさ

★個室でゆっくりできる、家族も泊まれる

★病室や新生児室のセキュリティーが頑丈

★お母さんは産婦人科の先生や看護師さん、赤ちゃんには新生児科の先生とナーサリーの看護師さんとそれぞれの専門の方たちが診ていてくれること。看護師さんの人数も多いので赤ちゃんを安心して預けられる

★ナーサリーの人たちがとっても可愛がってくれる

★夫が土日家にいてくれるのと、帰りが早いので助かる(日本だと残業が多い)

★家事をしてくれるアヤさんがいる(家にはいない笑)

★デリバリーが豊富(食事、お弁当、野菜、米、日用品なんでも)

よくなかったこと・不安だったこと

★つわりがひどい(下水や屋台の匂い)

★陣痛が来てタクシーが捕まるか、渋滞しないかが不安だった(結局引っ越し&シーローで向かった)

★入院中は英語・タイ語でのやりとりで、コミュニケーションが取れない(1日1回通訳さんが来る)

★赤ちゃんのお世話の仕方や、授乳指導は自分から聞かない限り教えてもらえない。初産にはかなり難易度が高く、退院後は泣きながら育児をした(沐浴指導はあるけど、これまた難易度が高い。日本式をYouTube見て勉強した笑)

★金銭面の負担が大きい

★子どもに使う薬に対しての不安感がある(乳児湿疹で処方された薬がステロイド入りで薄く塗るように指示があって、結局薬を日本から買ってきてもらった)

★自然に生まれてくるのを待つ場合、両親の来タイ日程調整がしにくい。早く来すぎて産後短くなるのもやだし、産後からだいぶ開いちゃうのも困るし・・・

★両親のサポートが無い、または短い(初産にはこれは結構辛い)

★両親やおばあちゃんおじいちゃんに中々会わせてあげれない

★空気の悪さ。PM2.5の影響で空気が悪く中々お散歩や日光浴ができなかった

★デリバリーをロビーまで取りに行かなくちゃいけないのが盲点だった(乳児を抱いて荷物の受取り、支払いは結構困難だった。土日にまとめてやるか、旦那が帰ってきてからデリバリーしてた)

まとめ

もうすぐ3か月になるんですが、今では寝かしつけは夫の方がプロ並みに上手い(笑)まめ助を夫に預けて外出もできるし、育児に一緒に慣れていくのはタイで産んだならではなのかも。

新生児期から一緒にいると、夜間の授乳などで旦那さんにも大変さが伝わるから、お父さんとしての自覚が芽生えやすかったような気がします。あとは夫が毎日赤ちゃんと顔を合わせて「かわいいかわいい」とメロメロでいてくれる点ではよかったのかな。

わたし個人としては、それが目的だったこともあり、タイで産んでよかったなと思います。

無事に生まれてきてくれることが1番ですね!

  • この記事を書いた人
まめこ

まめこ

バンコク在住6年目、主婦のまめこです。2018年にバンコクにて男の子を出産し、現在家族3人でほそぼそのんびりと暮らしています。最近は書く時間が取れずブログの更新が滞っていて、コメントの返信ができていません。お問い合わせも返信遅くなりますが、気長にお待ちいただけると幸いです。 50万PV/月間達成しました。 お問い合わせ

-妊娠・出産・産後
-

Copyright© まめこのバンコク滞在生活 , 2019 All Rights Reserved.