夫婦二人バンコク滞在生活

バンコクでの生活や観光、食べ物などの雑記メモブログです。月~金18時に更新してます(現在一時帰国のため不定期更新です)

*

タイのごみの分別について

 

タイのごみの分別 緑 黄色

今回のまめこの小ネタ(生活編)は『タイのごみの分別について』です。

タイには「ごみの分別はないよ」とよく言われていますが、私たちが住んでいるコンドミニアムには緑と黄色のごみ箱があります。場所によっても何個か置かれ、分別している所もありますよね。でも分別方法っていまいち良くわからなくないですか?

生ごみもあるし、段ボールもあるし、ペットボトルも、瓶も、電球も、電池も、ビニール袋に、鼻噛みティッシュ、トイレのティッシュもどれもこれも一緒で良いのー!?ってなりますよね。

何となくペットボトルや瓶は何か違う気がすると思い、いつもごみ箱の横に置いていました。同じ階でもそう思う人も多いようで、ペットボトルや瓶、段ボールは良くゴミ箱の横に置かれています。

ということで、色分けで見られるごみの種類について。

緑色は『บยะเปียก:カヤ・ピアック』濡れたゴミ、生ごみ
黄色は『บยะเเห้ง:カヤ・ヘーン』乾いたゴミ、リサイクル

บยะ(カヤ):ごみ
เปียก(ピアック):濡れた
เเห้ง(ヘーン):乾いた

※青は一般ごみだそうです。

で大きく分かれています。「濡れた」「乾いた」の違いでの分別って…これ逆に悩みますよね?濡れてるのは生ごみですぐにピンと来るけど、もうここまで大雑把だと日本のように細かい感じの方が私には考えずに済んでポイポイポイポ~イっと逆に楽だったりします。

ちなみにこのごみ、特に分別もめちゃくちゃなごみはどうなるのかと言うと。

夜間にごみ収集車の方達がごみを回収しにきてくれます。回収する側が「リサイクル」「売れるもの」「売れないもの」「危険物」と手作業で仕分けをし、これは分けられたもので売れるものやリサイクルは回収者側の収入になります。地区によっては報奨金制度もあるそうですよ。お金にもなるので、収集車の方のやる気でのちにきちんと分別されるんですね!

コンドミニアムの清掃のおばさん、朝から回収しながら(多分ゴミの中を見ている)よさそうなものがあるとせっせと違う回収も始めます(笑)何度か出くわすのですが、以前大量に捨てられたノートを一冊ずつ確認しながら積み重ねていました。タイ語で色々話されたのですが「まだ使えるから娘に、あなたもいる??」と言ったようなニュアンスでした。

何となく迷いやすい乾電池はリサイクルごみに捨てます。なければ、一般ごみとして捨てます。私はちょっと心配なので電池だけ小袋に入れ縛ってから捨てています。電球や瓶も同じ感覚で捨てています。日本と大きく異なることと言えば、違い燃えるゴミ、燃えないゴミなどの回収曜日などは無く、好きな時に好きなものをゴミ収集所に捨てます。粗大ごみも、リサイクルも、自分の好きな時に捨てれるのでかなり楽ですね~。

 

そうそう、汚い話ですが・・・

トイレのごみは『濡れたごみ』なのか『乾いたごみ』なのか。今ふと気になって隣にいるまめおに聞いたら「汚い~」と一言。リサイクルはされたくないし、どちらなんでしょうね。

 

 - タイ生活, まめこの小ネタといろいろ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP