夫婦二人バンコク滞在生活

まめこのバンコク滞在記((ご飯/カフェ/観光/タイ生活情報))

*

タイ観光フェスティバル2017に行ってきました@ルンピニ公園

 

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

2017年1月25日~29日にルンピニ公園で開催された、毎年この時期に行われる大規模イベント

Thailand Toourism Festival2560
タイ観光フェスティバル2017

略してTTFとも呼ばれているフェスティバルに行ってきました。今年で37回目の開催です。

まめおの会社のお友達に「ルンピニでイベントがやってるよ。まめこに渡しておいて」と。今回のイベントのパンフレットを貰いました♡ルンピニとか遠いからイベントやってても全然気づかない(笑)

このフェスティバルは、タイの様々な地域の郷土料理やOTOP商品(一村一品)が取り揃う催し物です。今年は中国正月と同じ時期ということもあり、タイ式中国正月も一緒に味わおう!というのがコンセプトのようですね。

SPONSORED LINK

TTFとは

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

タイ政府観光庁が主催するフェスティバルで、タイの観光地のPRや活性化を目的に、毎年1月頃に開催されています。

全国各地の観光スポットや郷土料理、OTOP商品、民族衣装、民芸品や民芸品作成工程、ライブやワークショップ(体験コーナー)なども行え、タイの地元の人や外国人、観光客が楽しめるようにと入場料無料で楽しめるスポットとして開催されています。

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

キッズエリアもあって、書いた絵が巨大スクリーンに反映されたり、汽車があったり、キッズエリアでのステージは子供向けになったりと大人から子供まで楽しめるフェスティバルの様ですね!

TTFはこんな感じ

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

ルンピニ公園内は、タイ全土、北東、東、南、中部の5つの主要地域に分けられていて、さらに全部で10個のエリア事に各イベントが開催されています。

ちなみに、公園内とっても広いので、シャトルバス(ゴルフカート)も出ています。小さなお子さんがいる方などがよく利用していました。

ざっと見た感じでは、東北エリアが一番見ごたえがあったような。飾り付けもとってもきれいなものが多くて、民芸品も素敵なものばかり。こうやって見比べれると、多分東北エリアの雑貨って好きなモノ多いんだろうなーと発見。

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

その土地のイベントをイメージしたもので飾られていました。北東エリアはコムローイや、織物、糸、染め物、篭など、ピーターコンも売っていました。海のエリアならマリン調に、中部はココナッツが多かったですね(笑)

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

民族衣装用の布も売っています。手前ので確か1枚2,500B。実際に着せても貰うことも◎

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

陶器やセラミック商品も。ここの雑貨やさん可愛かったです。

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

ここのアロマもいいなぁーと思ったのですが(一つ300B)人だかりが凄くて・・・退散。やっぱり一つ買っておけば良かったなー。

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

ワークショップも色々なところにあります。ここは傘に色を塗ったり、糸をまとめてタッセルみたいにしたりってコーナー。どのコーナーも子供たちに大人気でした。

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

わたし的には、ここの布屋さん可愛かったです。ポーチも可愛かったんですが、何よりクラッチが本当可愛い♡♡でも今日は全然お金を持ってきていなかったので断念。

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

食事処はとにかくたくさんあります。タイ観光エリアはタイ料理ばかりですが、少し外れたアウトドアフェスの方は、ピザやホットドックなどもあり◎

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

わたし達は、ビーフチーズステーキサンドイッチ(200B)を二人で分けて食べました。お水も色々なところで売っています(1本10B)このサンドイッチかなり美味しくて、いつもどこで営業しているのかちゃんと聞いてきました!

なのに帰ったら忘れてしまいました(笑)確か、サイアムスクエアか、セントラルだったような。

びっくりしたのが、ペットボトルなどのリサイクル用品を、リサイクル用のゴミ箱に入れると抽選で景品が当たるシステムがあって、これかなり豪華な景品らしく、みんなこぞってやってました。また入り口で参加してできる子供用のゲームもありましたよ。

子供連れの参加は・・・?

ちょうど行った時間は16時から18時過ぎまでいたんですが、ベビーカーは見かけなかったです。何より人混みが凄いのもありますが、各エリアに入るのに結構段差があるので、ベビーカーは大変かもしれません。赤ちゃんもいましたが・・・北東エリアなんかは、全然進まなくって大人1人歩くのも結構大変な印象が。

意外だったのは、歩ける子供たちがかなり多かったこと。小学生とかもそうですが、3歳あたりの子も結構多かったですね。ワークショップも大人気だったんですが、キッズエリア!

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

キッズエリアは本当広々していて、そこら中に恐竜がいるんですが(笑)恐竜や汽車に乗れたり、ステージの子供用催し物、VR体験、自分の書いた絵が巨大スクリーンに載るやつなんかも人気でしたね。

公園入口には、救急もあります。自分が子供が居たらと考えると・・・来るとしたらちゃんと一人で歩くようになってからだなーというのが正直な感想です。

購入品

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

畳1.5畳分くらい 250B

これ買ってから気づいたんですがOTOP商品。イグサの良い匂いがします。下にクッションがあるタイプも売ってました。

タイ観光フェスティバル2017@ルンピニ公園

ぷっさー 1Kg80B

味見させてもらって、美味しかったのでそのまま詰めて購入!1kgってどのくらいなのかわからず、1度詰めて渡したら500gだったので倍くらいかと詰めたら1kg余裕で超えてました(笑)が「ディーディー!」いい感じと80Bで・・・ありがたや。

ここのおじさんとっても親切で、タイ語も頑張って聞き取ってくれて終始やることすべてにニコニコ。田舎の方って本当優しいですよね。

 

場所の詳細

開催場所 Lumphini Park Bangkok(ルンピニ公園)
開催日  2017年1月25日~29日
開催時間 14:00~22:00※各日アーティスト出演は15:00以降
最寄駅  BTSサラデーン、MRTルンピニ、MRTシーロム

一番使いやすい位置にあるのは①MRTシーロム②BTSサラデーンが利用しやすいと思います。MRTシーロムはちょうど公園の真ん前(敷地内)に出ます。BTSサラデーンはスカイウォークからシーロム駅まで歩く形に、MRTルンピニは公園の端っこに出ます。

移動式ATMもあるので、公園内でお金をおろすことも可能ですが、凄く並んでいるのでお金をおろしてからくるのがおススメです♡

 

 - お出かけ, イベント , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP