夫婦ふたりバンコク滞在生活まめタイ

まめこのバンコク情報ブログ「まめタイ」 ご飯/カフェ/観光/タイ生活

本屋×カフェ飲食店に子供も遊べる『OPEN HOUSU』@セントラルエンバシー

 

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

夫婦でカフェに行ったとき、一人で出かけたとき、本を読んだり、パソコンをしたり、勉強をしたり自由な時間を過ごす中で、ふと突然暇になるときってありませんか?

正確には飽きてしまうというか、気分転換したくなる感じです。

勉強や読書、パソコンの合間に、たくさんある本棚の中から好きな本が楽しめて、小腹がすいたらご飯やアイスを食べて、好きなカフェでコーヒーを飲む。同じ空間にいながら全部が出来る場所。

OPEN HOUSE

に行ってきました。

BTSプルンチット5番出口から駅直結、2017年3月にCentral EMBASSY(セントラルエンバシー)6階にオープンしたエリアです。飲食店にはペッピーナ、ブロッコリーレボリューション、ParisMikkiなどなど、バンコクでは有名なお店が並んでいますよ!

SPONSORED LINK

OPEN HOUSE

 OPEN HOUSEとは『COLLECTIVE LIVING SPACE』

この『OPEN HOUSE』は飲食店、コワーキングスペース、アート、デザイン、本屋、キッズルーム、少し足を伸ばして映画館など、様々な人が同じ空間で多目的に利用できる場所です。

本屋といっても、紀伊国屋のような本屋さんではなく、アートやデザイン、写真集など『芸術分野』に絞られた本屋です。キッズ用の絵本も塗り絵だったり、絵画だったりが利用されています。

芸術分野を、特定に人だけではなく一般の人にも触れてもらい、ライフスタイルの中に芸術を取り入れようよ!みたいな、一般生活と芸術の融合が『OPEN HOUSE』の大まかな解釈かと。

『OPEN HOUSE』は、東京のKlein Dytham Architectureが設計したデザインということもあり、馴染みのある人もいるかもしれません。

詳しくは、HP(http://www.centralembassy.com/anchor/open-house/)で。

無料開放エリア:注意事項と利用方法

読書&勉強自由スペース

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

全ての本は売り物ですが、自由に読めます。本を読むスペースはソファーになっており、ソファー席は無料で利用可能。立ち読みせずに、座ってゆっくり読むことができます。気に入った本があればそのまま購入もOK。ソファースペースでは飲食は禁止です。

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

本の中央にあるスペースは、いくつかカフェや飲食店も併設されており、机とイスが置いてあります。利用する机は、頼んだお店の前じゃなくてもOK。

勉強やパソコンをしている人、料理を食べている人と、利用している人は自由に使用していました。

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

本は売り物なので、汚したら買取になります。本屋の場所(ソファースペース)は飲食が禁止、本の中の撮影は禁止など注意事項がいくつかあります。飲食禁止の場所は細かく、禁食禁止のマークが貼ってあるので、特に迷うことはなさそう◎

キッズスペース

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

ボールプール、滑り台、トランポリンなどが小規模にありました。階段で登っていくところは思いのほか高さがある感じなので、小さい子だと微妙そうですよね~。

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

キッズスペースは、11時~20時まで。靴を脱いで下駄箱に閉まって、靴下を履いて、身長により制限があるからスタッフに声をかけてなど、下駄箱のところにいろいろ注意事項あり。

有料開放エリア:利用料金

OPEN HOUSE コワーキングスペース

引用:OPEN HOUSE-Facebook

コワーキングスペースです。静かな環境で勉強したい、ハイスペックなWi-Fiを利用したい、ミーティングがしたい場合に利用可能なエリアです。エレベーターで上がってUターン、奥の場所のあります。本棚と本棚の間にあるので、パッと見だけだと気づきにくい場所です。

充実した飲食店ラインナップ

6階オープンハウス内

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

PEPPINA

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

PARIS MIKKI

OPEN HOUSE セントラルエンバシー

BROCCOLI REVOLUTION

他EGG MY GOD、アイスクリーム屋さんなど。

CentralEmbassy内飲食店

セントラルエンバシー飲食店

セントラルエンバシー飲食店

セントラルエンバシー初めて来たんですが、結構飲食店が豊富です。※写真クリックして拡大できます。

●豚かつマイセン
●ソンブーン
●ディンタイホン
●ソムタム
●日向
●ディーン&ドルチェ
●PAUL

などなど。セントラルエンバシーって高級デパートのイメージで、全然行くことがなかったのですが、思いのほか結構知ってるお店があってびっくり!中華、タイ、日本食、イタリアンの有名どころは基本揃ってるんですね~。

実際使用してみて

今回わたし達は、中央開放スペースを勉強する為に利用しました。正直なところ落ち着く環境で勉強したいなって思っている人には向いていない場所です。キッズスペースも同じ空間にあるため、基本的ににぎやかな感じ。BGMもデパートと同じく、大音量でした。静かに勉強したい、Wi-Fiを使いたい人は有料エリアを利用したほうがよさそうですが・・・

ま、それならわたしは、FreeWi-Fiがあって静かなカフェに行きます。

デザイン集は見るのが好きなので、意外に結構楽しめました。本屋はパッキングされ、立ち読みができなかったので、ここは後日ゆっくり見に来たいところ♡

休日の暇つぶしにはかなりオススメです!

場所と詳細

住所 1031 PLOENCHIT ROAD, PATHUMWAN, BANGKOK 10330, THAILAND
最寄駅 BTS Ploenchit(プルンチット駅:5番出口)
TEL +66-2119-7777
営業時間 SUN-THU 10:00-22:00 / FRI-SAT 10:00-24:00
HP facebookHP
対応 タイ語・英語
メニュー表記 英語
Wifi 有料(コワーキングスペース内)

 - 飲食店, カフェ, BTSプルンチット , , , ,

 関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP