夫婦ふたりバンコク滞在生活

タイのバンコクで暮らすまめこが豆だけにちまちまお届けするバンコク情報ブログ!

タイバンコク生活4年半の今、1ヶ月にかかる生活費まとめていくよ!第2弾

 

タイバンコク生活4年半の今、1ヶ月にかかる生活費まとめ。

タイ・バンコクでの生活が約4年半経ちました。実は、もう少しで5年目に突入です。ブログを書き始めたのも2年前で、本当あっというまですね。2年も続けてるのに記事数1年分に満たってないのもびっくり。さぼりにサボりまくってますが、家計だけは細々やってます。

最近飲食ネタが続いたので、今回はここ2年で大きく変動があった『1ヵ月にかかる生活費』を改めてまとめて行こうという記事です。

前回記事気になる方はこちら(バンコク生活*実際にかかった生活費 )細かなことは前回と変わらないので、省いて行きますよ。

SPONSORED LINK

タイの物価

タイのお金はBath(バーツ)です。今は1バーツ3.3円くらいですが、平均して3円くらいなので、換算レートはバーツ×3円として考えていきます。

タイの物価は基本3分の1とよく言われていますよね。わたし未だに、なにが3分の1なのかよくわかっていないです。

生活する上で、スーパーにはよく行くのでスーパーの話をすると。日本の調味料や食材は、日本の3倍くらいの価格。カゴメケチャップで考えると、230Bくらいで売られているので3~4倍くらいですね!輸入されているものは関税がかかってくるのか、高くなります。

でも、ケチャップもかなり多くの代換え品があるし、野菜やお肉、調味料も日系みたいなタイ産とかがあるので、全然問題はないですよ!ピザのデリバリーすると、1ピースに1ケチャップかってくらいケチャップがもらえます。何の話。

「え、高いなー。」と思うことも半分くらいありますが、日本で生活している頃に比べると、コンビニや自販機でのちょこちょこ買いもなくなるし、無駄使いがかなり減った気がします。このちょこちょこ買いって、かなり大きいですよね。

1ヶ月の生活費

基本構成

● 夫婦二人暮らし
● 夫:会社員
● 妻:専業主婦
● 電車通勤
● 2人共タイ語教室通学
● (×)たばこ (○)お酒
● 基本家食:夜ご飯・昼お弁当・朝ごはんはほぼ食べてない

予備構成

● 給料天引き:タイの社会保険料&年金税金
● 日本任意医療/入院/通院保険加入:各々日本の通帳から
● 奨学金:各々日本の通帳から

2人暮らしの基本的な生活費

居住費 21,000B
食費&日用品 6,800~7,000B
外食費&雑費 5,000B
飲み水 約700B
水道代 約100B
電気代 約1,200B
wifi 640B
携帯代 1,199B
交通費 2,500B
合計 39,339B
(約118,017円)

※2人分合計

その他タイ語教室等

タイ語教室 28,500B/1ターン
お小遣い 4,000B

※2人分合計

タイ語教室は、二人共別の場所に通っています。夫のまめおが、土日プライベートレッスンなので割高。わたしは平日グループレッスンなので割安。タイ語教室に関してはまた別の機会にまとめれたらなーと思います。

各詳細

居住費

居住費 21,000B(63,000円)
47平米

生活費の中でも一番大きなウェイトを占めるのが居住費ですね。住み心地・立地・価格のどれを取るかで居住費は大きく変わります。ちなみに我が家は立地と、野良犬が周りにいないことが条件です。

食費&日用品

この項目が《 10,000B(30,000円) ⇒ 6,500~7,000B(19,500円~21,000円) 》と大きくかわりました。だいたい自分の中で月このくらいだなって決めてる金額が・・・。

食費 5,500B
調味料&米 700B
日用品 800B

できる限り7,000B(21,000円)に収めれたらいいなーっと。お米は冷蔵庫に入らなくて、最近は2Kgの少量を買っているので、2週間に1回は買いに行きます。

日用品は大容量で購入してます。トイレットペーパーなんて二人なのに32ロール、洗濯洗剤に至ってたは2kg・・・長く滞在するとわかってて、家計を少しでも抑えたい人は、少量をちまちま買うよりちょっとだけ安くなっていいですよ(笑)二人だともう、半年~1年くらいは買い替え必要ないです。

なので、購入した翌月はかなり生活費がかなり抑えられます♡日用品を購入しない月は、わたしの中で革命的な金額になるんですが、それをまめおに伝えると「じゃ、来月からその額にしてみる?」とか言われるので、絶対言わない。

外食費&雑費

外食費&雑費 5,000B(15,000円)

ここは変わらず。雑費が分からなすぎて、もう数ヶ月雑費欄空白です。外食費は5,100Bとか越すことが多くて・・・毎月、月末に生活費で15,000Bをもらっているので、結構余っているときは「外食しようか」となりますが、基本的に月5,000Bに収めるのが目標。

水道代・電気代・wifi・飲み水代・携帯代

水道代 100B(300円)
電気代 1,200B(3,600円)
WIFI 640B(1,920円)
携帯代 夫799B・私399B
(3,594円)
飲み水 700B(2,100円)

とうとうわたし、外で携帯が使えるようになったので通信費が上がりました。まめおの携帯もプロモーション期間が終わり400B→799Bに。

飲み水代は、毎月購入しているペットボトルのお水です。テスコロータスに宅配をお願いしていて、月に1回または2回の宅配があります。1.5L×6本×9パックで、423Bに送料60B(家が近いと送料も安い)がつきます。9パックが限界なので、多い時は月2回の宅配と同時に、日用品も(トイレットペーパー、洗剤等)注文してます。我が家では、9パックで毎日自炊して約3週間くらい持ちます。

タクシーで運ぶならきっとこっちのほうが安いかも。これからお水はペットボトルを考えている人には、ロータスやBigCの通販がオススメです。

交通費

交通費 2,500B(7,500円)

BTSのラビットカードの回数券を利用しています。

まめおは週5で会社に、わたしは週5で学校なので、お互い50回の回数券を購入。今まではわたしが、25回だったのでその分上がりました。

ラビットカード

BTSを利用する場合、切符を買うか、SuicaやToica、Pasmoのような交通系ICカードがバンコクにもあります。(地下鉄MRTにもあり)バンコクではラビットカードと言われ、お金をチャージする方法と、回数券として利用、購入する方法の2つあります。今回は生活費についてなので、ICカードについてはまた別の機会に。

緑色が学生のICカードです。学生ようですが、学生も利用OK。学生書の提示あ必要です。オレンジ色が一般の人向けです(50回1,250B / 40回1,040B / 25回700B / 15回450B)外国人も購入できます。

ラビットカード

シニア層は、ラビットカードにチャージして使うと電車賃が半額です。

交際費・嗜好品

交際費は特にありません。あっても、外食費から出しています。嗜好品はお菓子(ハリボー:10B(34円)・ポテチ:20B)やジュース(コーラ:27B/1.5L)は、以前は別にしていたんですが、面倒なので食費から出すようになったので、食費に合算してます。ビール(120B/4本パック)は・・・まめおのお小遣いからかな?笑

タイ語学校

過去通ったタイ語学校での料金目安です。※グループレッスン

TLS 4,200B/30レッスン
ひまわりタイ語教室 7,200/30時間
AAA 7,500B/60時間

↓↓各学校のHPサイトリンク↓↓

TLS
● ひまわりタイ語教室
AAA

その他、考えられる出費

タクシー

もともとタクシーはかなり安いのですが、数をこなせば思いのほか、かなりの出費になります。1日1本ジュース買ってるような感じ・・・塵も積もればってやつですね。※タクシーの初乗り35B(約105円)

我が家は基本電車移動なので、駅から遠い、病院へ行く、重い荷物を運ぶくらいで、タクシーに乗る機会も少なめです。タクシーは極力使わないって人も結構多そう。

家政婦さん

タイ?バンコクでは家事代行をしてくれる人(いわゆる家政婦さん)は、日本人の間では「アヤさん」と呼ばれています。アヤさんを雇う場合は、賃金が発生します。残念ながら、雇ったことがないので詳しい料金価格がわかりません。

アヤさん事情を見てみみると『雇う→本帰国決定(前)→アヤさんに次の仕事を紹介→次の人に紹介(紹介状とか)』というのが、一番理想的な流れみたいですね~。よく「アヤさん紹介します。」ってフリーペーパーに載ってるのも多分それ。

飲み会

男女問わずありそうですよね~。まめおは、会社の飲み会は年に2~3回。お客さんとの飲み会は2ヶ月に1回くらい。わたしがタイにいるときは、あまりお客さんとの飲み会は入れてないみたいです。ランチが多いですね。知ってる限りの駐在員の人は飲み会が多いイメージです。上司が飲み好きな人は、きっと多いでしょうね。

だいたい予算は、男性の場合2,000Bくらいはかかるかなーと言ってました。日本と同じ5,000円、6,000円くらいだそう。そこはあまり変わらないんですね。タイ料理でも高級路線のお店じゃない場合は、700Bくらいには収まります。

友達とランチ

友達とランチだと、1回のランチ予算200~500Bくらい。400B~500Bは結構良いランチですね。500Bのランチなんて、良くて夫のまめおと過去数回行ったくらいです。そう毎回普段のランチではない・・・はず。

今までのランチは、250~350B前後のあいだ。そのままお茶に行こう!となるとプラスドリンク&デザート代とか?それでも1日だいたい500B~600Bくらいかかってるような気がします。ランチだけとか、ランチが安いと250B以内には全然収まってます。ここは、あくまでわたしの主観なので・・・みんなが、どうなのかはちょっと(笑)友達付き合いで大きく変わりそうですね。

まとめ

食費が3,000Bほど安く済ませれるようになったのが大きいです。食材の買出しも慣れてきたのかな~。細々続けてた家計簿のおかげで、だいぶ食材の価格が把握できるようになったので、わたしの中ではかなり成長したと思う!笑

最近気付いたんですが、家計のやりくりより、食材のやりくりのほうが大変じゃないですか?冷蔵庫にあっても「これ何に使えるんだ?」って感じで、まだまだレパートリーも少ないから基本食卓に並ぶのは変わらない。家でのご飯担当の人、本当尊敬します。

以上、バンコク在住4年目にして住んでみて実際にかかった1ヶ月の生活費でした!

ではまた!

 - 我が家の生活どどっと紹介

 関連記事

Comment

  1. おでぃー より:

    お久しぶりです。
    以前PS4の記事にコメントしたおでぃーです。

    結局ご紹介頂いたTRUE回線は通っていなかったのですが、、、
    AIS Fibreがコンドミニアムに通っていたので、そちらに乗り換えまして。
    結果WiiU,PS3,PS4,NEW3DSLL全てにおいて通信環境改善しました!!
    快適ゲーミングライフ@タイでございます。
    ご相談に乗って頂き有難うございました。

    こちらの生活費も参考にさせて頂きます。
    妻と子もタイで暮らすことになったのでこちらのブログ紹介しますね。

    • まめこ より:

      おでぃーさん、お久しぶりです。

      快適ゲーミングライフ&奥様とお子さんとの一緒の生活おめでとうございます!
      生活環境も快適になりそうですね~。
      喜ばしいニュースばかりでほっこりしました。
      こちらこそありがとうございます。

      そしてPS4購入されたんですね!
      任天堂スウィッチを購入しようか考えたんですが売り切れてて・・・やっぱりWiiUがうらやましいです(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP