夫婦二人バンコク滞在生活

まめこのバンコク滞在記((ご飯/カフェ/観光/タイ生活情報))

*

バンコクで岩盤浴&温泉『レッツリラックス』体験記@トンローsoi8

 

以前から「岩盤浴に行ってみたい」というまめおを連れて、トンローにある温泉施設「レッツリラックス」に行ってきました!わたしは、割かし日本にいたころ友達と岩盤浴にはよく行っていたのですが、まめおさん、岩盤浴初体験です!

ということで、今回は初体験のまめおと、岩盤浴大好きなわたしが「レッツリラックス」の温泉と岩盤浴の感想をまじえてレポしていきます。

SPONSORED LINK

レッツリラックスに行くよ!

レッツリラックスとは

正式には『Let’s Relax SPA ONSEN』トンローは温泉施設ですが、Let’s Relax SPAはマッサージがメインのお店のようですね。オイルやタイマッサージなどの施術が受けられる場所はトンローの他、パヤタイ、ターミナル21、サイアムスクエアーワン、スクンビット、エカマイあたりにもあります。

写真で見る限り、温泉施設を兼ねそろえているのはトンロー店だけっぽい。詳しくは、Let’s Relax SPAのホームページをご覧ください。

場所・行き方

BTSトンロー駅3番出口から、階段を下りてUターン、トンローの大通り(スクンビットソイ55)に入ってまっすぐ。スクンビット55の通りに面していて、ソイ8とソイ10の間にある『グランドセンターポイントホテル』の5階にあります。

どちらかと言えばソイ8側すぐ。トンロー駅からいった場合だと反対車線側(偶数側)にあるので、歩いて行かれる場合は、55に入る前に横断歩道を渡った方がおすすめです。トンロー駅から、歩いてだいたい15分~20分くらいです。

タクシーやバイタク、赤バスで行かれる人は、進行方向なので横断歩道渡らず捕まえてくださいね~。『グランドセンターポイントホテル』か『ソイ8』『ソイ9』あたりで下してもらうといいかもです。

ちょうどソイ8に、同じ名前のコンドミニアムがあるのでそこを通り過ぎて隣にある↑ホテルの5階です。

短パン、ビーサンで行ったことを後悔するくらいキレイなホテルです。エレベーターは、入口入ってずっとまっすぐ行った奥にあります。温泉スパは誰でも利用できるので、受付することもなく、そのままエレベーターに乗って5階へ行ってOK◎

いざ、温泉&岩盤浴へ!

受付&料金表

5階は温泉スパしかなので、迷わずいけます。入口入って左側に受付(↑写真)右側に飲食コーナー(↓写真)があるので、受付でコースの選択、料金の支払いをします。スタッフさんは英語、もしくはタイ語で対応してくれます。

スタッフさんが「初めてですか?」と聞いてくれて、鍵やロッカーの使い方、施設案内など事細かく説明しながら温泉まで連れて行ってくれます。これは安心。聞いてくれなかったらスタッフさんに声をかければ、教えてくれます。

料金表はこちら(クリックで拡大できます)

通常の《温泉、岩盤浴、リラックスルーム、クールダウンルーム》の利用で1人650B(約1,950円)です。他にも、温泉+タイマッサージだと1,100B(約3,300円)

マッサージや、アロママッサージのみの利用もOK◎

体中の垢と角質を落としたくて、いつか垢すりかボディースクラブをやりたい。

温泉施設の使い方

使い方と言っても、スタッフさんが丁寧に説明してくれるので、特に問題はなさそう。バスタオルや、岩盤浴用の甚平の受け渡しも一緒に来て教えてくれます。

細かなことはおいておいて。

温泉は男女別。のれん手前に岩盤浴(43℃)・リラックスルーム(26℃)・クールルーム(11℃)があり、こちらは甚平を着て男女兼用で出入り可能です。岩盤浴はMAX7人で入れます。思っていたよりは結構小さめですね。

脱衣所にお水、リラックスルーム前にレモン水がおいてあるので自由に飲めます。岩盤浴内はお水等、飲食物の持ち込みは禁止です。

注意事項としては

(×) 生理中の入浴
(×) 脱衣所以降の撮影
(×) 私服でリラックスルームやクールルーム、岩盤浴の利用
(×) 岩盤浴内のおしゃべり
(×) 皮膚病等の病気がある
(×) タオルはお風呂につけない

くらいです。

あと、結構大変な目にあってしまったので、個人的な注意事項は・・・。

受付で鍵を渡されます。これICチップで、甚平やバスタオルの貸し出し(入湯料に含まれてる)、飲食の購入、ロッカーのカギに使うものです。

ロッカーは、ホテルの部屋のドアのように、パタンと閉めると鍵が勝手にかかる仕組みです。鍵をかけ忘れる必要や、ピッキングの心配はないんですが。

お風呂から上がって、体を拭くときに邪魔だからと外してロッカーに入れ、勢いよくパタンッと扉がしまってしまったのが最後「あっ・・・しまったー・・・」ですよね、案の定あかなくなりました。スローモーションかのように手が伸びたんですが、全然間に合わず。上半身裸でうろうろ(笑)

この扉、開けっ放しにできないタイプで、ばねが強いのかよくわからないんですが、結構勢いよくしまっちゃうんですよね。脱衣所にスタッフさんいないし「困った~」と思って。

ハンドタオルで隠しながら、この女湯ののれんからちらちら覗きみる半裸の女。

女性スタッフさんか、まめおがいないか確認すること数回(ちょうどのこの奥の入り口側に、バスタオルとか受け取る受付がある)奇跡のまめおとスタッフさんが。

とりあえず、腕を指さして「鍵」のジェスチャーで「あぁ~(無表情)」とスタッフさんが、鍵持ってきてくれました。携帯もロッカーの中だから、連絡も取れないと思うので鍵だけは肌身離さずつけておいた方がおすすめです。

アメニティーと貸し出しモノ

貸し出しモノは、バスタタオル、ハンドタオル(新聞屋さんがくれるような薄くて長いやつ)と甚平が貸し出しです。ICチップをかざして借りて、帰りも同じようにかざして返却します。

アメニティーは、ドライヤー、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー(リンス)、使い捨てのくし、ヘアゴム、コットン、ティッシュ、綿棒がおいてあります。岩盤浴をされる方は、下に敷く大きいバスタオルが岩盤浴前に置いてあります。

ドライヤーはかなり強風◎シャワーの出も完璧です◎

実際のところ

まめおは、岩盤浴よりもマッサージセットの方がいいかな~と言ってました。なにより、温泉の中にあったミストサウナがよかったんだとか。笑

岩盤浴じたいは、わたし好きなのでただひたらすらぼーっとしてるのですが、43℃だとちょっと動くと体が冷えちゃってもう少し高めがよかったなーっと。ちょうど日曜日ということもあり、出入りも激しかったのが難点。7人しか使えないので、岩盤浴はすぐいっぱいになるんですよね~。

リラックスルームとかパンパンで全然リラックスムードでもなく、わたしの中ではマッサージ風呂とシルクの湯が最高でした!後は下呂の湯と水風呂の、この4つをずっと行き来してる感じ。温泉自体はかなり満足です。

そうそう「あっ!」と思ったことがひとつ。涼みに露天風呂にでも行こう~と思ったら外の方が暑かったっていうね。外出た瞬間「あ~そっか。こういうこともあるのか」と思いました。思い込みってすごいですね。

 

そして岩盤浴愛が再熱!(笑)

一時期よく行ってた、漫画もゲームの貸し出しもあった岩盤浴がバンコクにできたら、たぶん毎週行ってると思う。早く大きな岩盤浴施設できないかなー。

 

ちなみに、プロモーションやっててHPでスパを予約すると15%オフで施術が受けれるみたいです♡予約はHPに飛んでもらって下にスクロールしてくと予約画面があります。温泉だと650B→552Bくらい。(2017年9月30日まで)
>>http://letsrelaxspa.com/bangkok/thonglor

 

[Let’s Relax SPA ONSEN]

住所 Grande Centre Point Hotel, 304 Sukhumvit soi 55, Khlong Tan Nuea, Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
最寄駅 BTS Thonglor(トンロー駅3番出口)
TEL 6620428045
営業時間 10:00-24:00 Midnight
HP お店のHP(http://letsrelaxspa.com/bangkok/thonglor
対応 英語・タイ語
メニュー表記 英語・日本語・中国語
Wifi ----

googlemapで開く

 - タイ旅行&観光地, 美容・マッサージ・温泉 , , , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP