夫婦二人バンコク滞在生活まめタイ

まめこのバンコク情報ブログ「まめタイ」 ご飯/カフェ/観光/タイ生活

バンコクの日帰り温泉『湯の森温泉&スパ』が本格的だった。

 

湯の森

昨日たどり着けなかった「湯の森」に今日やっといけました!本当に目と鼻の先にあって・・・でもきっと昨日の私たちは絶対見つけられなかったなっと思います。

だって、全然違う店舗の駐車場の奥に!!あんな奥にあるとは思いもよらなかった。ってことで、今回は湯の森への行き方も紹介していきますよ。

SPONSORED LINK

湯の森温泉&スパ:料金表

日本の温泉と何も変わらなかったのにびっくり。お風呂の種類も多いし、露天風呂までついてました。

お風呂の温度も低いのから42度の熱いお風呂まで、サウナも、水風呂も、マッサージ風呂もありました!日本の温泉と本当何も変わらなくて、とっても良かった。男性側は日本人がたくさんいたようですが、女性側は日本の方は一人もいませんでした。

唯一違うといえば、ターバンみたいなパンツと、ターバンみたいなブラをつけてお風呂に入ることくらいです。つけなくてもいいんですけどね。みんな隠してると、なんだかつけてない事が恥ずかしくって・・・でも以外に履き心地がよかったです。

何が悲しくてかボンキュッボンとは程遠い体系をしているもので・・・シャワーすると水圧で下がっちゃうんですよね~。ひっかかりがないって悲しいことだ。

ちなみに、料金はこんな感じです。

湯の森

私たちは温泉のみの利用なので、大人一人450B(約1,350円)15歳以下、65歳以上は250B(約750円)です。よく行きたい人は回数券がおすすめです。※ロッカーはカギ付きです。

BTSプロンポン駅から湯の森までの道順

最寄駅はBTSプロンポン駅4番出口、階段下りて「NaRaYa」の隣の道路(Soi24)を通り過ぎて、次の道路(Soi26)に入ります!

Soi24からもいけるんですが、途中細い道かつ車の出入りが激しい所を通らなければならないので、わかりやすくいく道はSoi26がおススメ!

湯の森

なんせ、曲がり角も、家が建っているのでひたすら道なりにまっすぐなのです!

湯の森

木漏れ日もいい感じでのどかでゆっくりした道路でした。歩道もちゃんとあるので安心して歩けます。

しばらく歩いていると緑に囲まれた『KVILLAGE(Kビレッジ)』があります。そう、昨日温泉にたどり着けなかったから行ってきた場所です。飲食店もたくさんあるのでお昼ご飯にも困りません。

湯の森

ここまで来たら温泉まで5分もかかりません。もう目と鼻の先です。Kビレッジの反対側の通りに『Asquare』って所があります!

湯の森

そう、この施設の中にあるんです。しかも、一番奥!!!

地図じゃ、道なりっぽかったから全然気づかなかったんですよね。こんなの看板出しといてくれないとわからないよーーー!

湯の森

この中を通って・・・

湯の森

駐車場も突っ切って・・・

湯の森

ありましたーーー!!本当に、あと少しの近さだった・・・。

湯の森に到着!

店内はこんな感じです。

湯の森

ロビーはゆっくり休めます。涼しくて、きれいです。

湯の森

外にも休憩所があります。内庭もあるので涼しくて、浴衣を着て写真を撮っている人たちもたくさんいましたし、ビール飲んでる人も結構多かったですね(笑)

湯の森

浴衣や帯の貸し出しもあります(無料)写真は種類が少ないですが、オレンジやピンクなどいろいろ、帯も浴衣も色を選べるのでうれしい!脱衣所では浴衣を着せてくれるスタッフさんがいるので、自分で着れない人は着せてもらえます◎

湯の森

アメニティー

ドライヤーや、メイク落とし、シャワーキャップ、シャンプー、リンス、ボディーソープ、タオル、綿棒、コットン、ヘアゴム(めっちゃちぎれる)くしが完備◎

けど、このヘアゴムめっちゃちぎれるんです(笑)ビニールみたいなゴム?よく中学、高校で流行ったような・・・古くなると固くなってちぎれるやつです。なので、髪が長い人はヘアゴムを忘れずに。

 

帰りは受付でお願いするとBTSプロンポン駅まで、トゥクトゥクの送迎をしてもらえます!

また行きたいな~。

お店の詳細

名前:湯の森温泉
住所:A-Square Soi sukhumvit 26 ,Bangkok
営業時間:10:30~24:00
HP湯の森温泉HP
駐車場:あり(店舗前)
 

 - 生活情報, 美容・マッサージ・温泉 , , , ,

 関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP