夫婦二人バンコク滞在生活

まめこのバンコク滞在記です。月~金18時に更新(まれに土曜日、祝日は休む)

*

[服装リサーチ第2弾]ワットプラケオ(王宮)

 

ワットプラケオ 服装

前回記事に引き続き今回はワットプラケオの服装リサーチです。

前回記事はこちら
>>[服装]ワットポーに観光に来ている人たちの服装を徹底リサーチしてみました

SPONSORED LINK

ワットプラケオの基本情報

ワットプラケオ 服装

時間:8:00~16:30(休みなし)
入場料:500B
所要時間:1時間~2時間
最寄駅:MRTフアランポーン駅(3.5km~4km・徒歩1時間くらい)

★行き方などの詳しい方法はこちらをご確認ください。
>>《タイ観光4日目①》個人で行く!ワット・ポーとワット・プラケオ

ワットプラケオに入るための服装

ワットプラケオは、入場門(出入り口)からチケット売り場までの間が結構広いのですが、その間は自由に行き来ができます。トイレもあるので、トイレ休憩をしたい人はぜひ。

服装規制はこの入場門から行っています。

一般的な禁止事項の服装

ワットプラケオ 服装

これは出入り口の看板に掲示されている「服装規制(ダメな服装)」の例です。看板自体もイラストで描かれているので、少し曖昧ですね。警備員さんの差し加減も少し含まれていそうですが。

ショートパンツの右側も「これ七分丈?」というイメージですが、くるぶしより上の丈のズボン(くるぶしから10cm~15cmくらい)なら見かけなくもないです。ひざ丈のパンツはダメですが、よくて7分丈くらいでしょうか。ここら辺はグレーゾーンですね。

ということで実際観光に来ている人たちを写真で見ていこうと思います。

観光者から見る服装

ワットプラケオ 服装

右側の人、肩出てますが袖があるからセーフなのでしょうか。比較的、女性だと半袖にロングスカート、男性は半そでにパンツスタイルが多いですね。

ワットプラケオ 服装

ワットプラケオ 服装

ワットプラケオ 服装

服装規制のスカートの場合、ミニ丈(ひざから上、膝が出ているとダメ)以外ならスカートはよさそうです。

アユタヤがそうだったのですが、女性はスカートでないと入れないという場所もあります。結局一部分なので(この台の上くらいな)必要性は感じませんでしたが。

女性

女性は、スカートやロングカートが多い印象でした。またパンツでも綿パンのような少しゆったりしたパンツに、半そでのTシャツが多く見受けられます。

日よけ対策に、カーディガンを羽織っている人も。

男性

男性は、半そでTシャツまたはポロシャツに長ズボンが圧倒的に多いです。

タイパンツ

ワットポー・王宮の服装

写真にはあまり写っていませんでしたが、前回行ったときはほとんどの人がタイパンツをはいていて「こんなに履いているのに全く同じパンツって少ないんだなぁ~」と感心しました(笑)

どうしても迷われた方はタイパンツや、巻きスカートなどがおすすめです。

その後、ワットポーへ行かれる方へ

王宮内で行けた服装は、ワットポーは安心して見て回ることができます。どこの寺院も安心して見に行けるでしょう!

今回いままで撮りためていた写真をかき集めてみたのですが、いつ行ったのか全然思い出せず・・・服装で悩まれている方は参考まで「ワットプラケオ 服装」と画像検索してみるといろいろな人が挙げた写真を見ることができると思います。

 

 - タイ観光・タイ国内旅行, 寺院(バンコク) , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP