夫婦ふたりバンコク滞在生活

タイのバンコクで暮らすまめこが豆だけにちまちまお届けするバンコク情報ブログ!

実は2種類ある”カオマンガイ”をタイ語で注文する

 

カオマンガイ

鶏と一緒に炊いたあの鶏出汁ご飯と、ふっくらした蒸し鶏と一緒に食べる料理。通称「カオマンガイ」タイ観光に来たら1回は絶対に食べたい料理のひとつですよね。

そんなカオマンガイ、実は2種類あるのはご存知ですか?

本当、この写真後悔ばかりなのですが・・・この右端にある鶏、よく見ると「蒸し鶏と揚げ鶏」が写っているのわかりますか?

そう、カオマンガイは2種類は「定番の蒸し鶏」と「揚げ鶏」なんです。何気なく美味しいので揚げ鶏も食べていたのですが、揚げた鶏とご飯でもカオマンガイと言うそうです。タイ滞在の方達は何度も食べていると思いますが、私は蒸し鶏より揚げ鶏派です。しいて言うならミックス派です。

この蒸し鶏と揚げ鶏は、カオマンガイが提供されているお店や屋台ならどこでも注文する事が出来ます。

それぞれタイ語で伝えるときの違いは、

タイ語 カオマンガイの注文

読み方は、ゆでる「トム⇒TはT+Dの発音」、揚げる「トォー(トゥ)⇒Oみたいなやつは「英語のor」のオーの時の発音」、ミックス「パッ、ソム」です。それぞれの文字の上についている山折り谷折りみたいな記号は、声調と言って声のトーンを変えます。記号通り声色を上げ下げします。眉毛を上げたり下げたり、首を縦に動かしてみるといいやすくなります(笑)

これを踏まえて注文するときは

タイ語 カオマンガイの注文

すごく無理やり書くと

「アウ カァ↑↓オマンガァ↓イ ト↑↓ム ピ↑ッシ↓ー(ト)」

トはカッコにしてありますが発音はします。強くトと言うよりは軽く。全く発音しないと通じないかと・・・これがちょっと難しいんですよね。

ちなみに「大盛にしてほしいわ」なんて時は最後に付け足した「phi seet(ピッ・シート)」で大盛になります。タイの大盛はご飯だけではなく、鶏肉(具材)も一緒に大盛になります。

タイの方も揚げ鶏が好きなようです。

昔は「タイ料理はヘルシーだ」なんて言われていましたが、どこかしこも何回使ったんだろうと思われる大量の油でタイ料理を作っていて、何より調味料も沢山使っているのでヘルシーとは言えません。パッタイも麺を春雨に変えたりできるのですが「春雨にしたところでパッタイの時点でダイエットにはならないわ」と言っていました。油を大量に使ってこそ「アロイ・マー(とっても美味しい)」だそうです。

そう思うとカオマンガイはヘルシーの一択・・・なのか。揚げちゃ意味ないですけどね…。

ではでは!

 

 - まめこの小ネタといろいろ ,

 関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP