寺院

モザイクタイルと煌びやかな寺院『ワット ラーチャボピット』へ@旧市街

先日タイ衣装を着て家族の記念写真を撮ろうと訪れた、ワット ラーチャボピット(Wat Ratchabophit)

記念撮影の様子
【sense of thai】タイの民族衣装を着て寺院で家族の記念撮影をしてもらいました!
【sense of thai】タイの民族衣装を着て寺院で家族の記念撮影をしてもらいました!

続きを見る

1869年にラマ5世によって建てられた第1級王室寺院。中心にある仏塔を囲うように円形の回廊が巡らされたスタイルで、ヨーロッパの影響を受けた内装が特徴的。

本堂はベルサイユ宮殿を意識して建設されているようです。

所々にちりばめられた煌びやかなガラスと、中国磁器のカラフルでかわいいモザイク模様のタイル。キラキラの中にも淡いグリーンのタイルがあったりと、可愛くて綺麗な寺院でした。

家族写真の合間に可愛いと思ったタイルをぱちり、ぱちりと撮ったので、その記録。

場所

場所は、MRT Sam Yot(サムヨット)駅から徒歩で約8分。

近くのワットポーの近くにあるMRT Sanam Chai(MRTサムチャイ)駅からは徒歩10分くらいなので、この辺りの寺院巡りを目的にするならMRTサムチャイ駅でもいいかもしれません。

MAP上だとこちら。

わたし達は、家からGrabタクシーで行き、タイ衣装の貸衣装屋さんからトゥクトゥクで移動したので、行き方は省きますね。

ワット ラーチャボピットを歩く

入り口は中の外観とは異なり、白い外壁が目立ちます。

ちょっとヨーロピアンな感じが、中のイメージとは全然違う。

中に入るとすぐに煌びやかな黄金の外壁。入場料は無料で仕出しもしていました。

円形の回廊で、敷地内はコンパクトな作り。入り組んだりすることもなく、外周をクルっと、中央をクルっとまれるので、時間もかからず見て回れるかと思います。午前中は日陰が多め。

繊細な装飾とモザイクタイル

まめ助も興味深々でした。

まめ助がもうちょっと落ち着いたら、一緒にカメラを持ってこの旧市街をフォトウォークしたい熱が沸々と沸いたのでした。

ワットラチャボピットの詳細

住所 2 ถนน เฟื่องนคร แขวง วัดราชบพิธ Phra Nakhon, Bangkok 10200
最寄り駅  MRT Sam Yot / MRT Sanam Chai
開放時間  6:00~18:00
サイト FacebookInstagram
GoogleMap 開く

寺院巡り

モザイクタイルと煌びやかな寺院『ワット ラーチャボピット』へ@旧市街

寺院

2020/12/10

モザイクタイルと煌びやかな寺院『ワット ラーチャボピット』へ@旧市街

先日タイ衣装を着て家族の記念写真を撮ろうと訪れた、ワット ラーチャボピット(Wat Ratchabophit)。 1869年にラマ5世によって建てられた第1級王室寺院。中心にある仏塔を囲うように円形の回廊が巡らされたスタイルで、ヨーロッパの影響を受けた内装が特徴的。 本堂はベルサイユ宮殿を意識して建設されているようです。 所々にちりばめられた煌びやかなガラスと、中国磁器のカラフルでかわいいモザイク模様のタイル。キラキラの中にも淡いグリーンのタイルがあったりと、可愛くて綺麗な寺院でした。 家族写真の合間に可 ...

ReadMore

ワットプラケオ 服装

寺院

2018/3/11

[タイ観光]ワットプラケオ(王宮)に入るための服装注意点まとめ

タイ観光と言えば寺院巡りですよね! わたしも幾度となく、ワットポーとワットプラケオに行ってきましたが、服装規定はワットプラケオ(王宮)の方がとっても厳しいんです。 前回はワットポーの服装をまとめていきましたが、今回はワットプラケオ(王宮)に入るために必要な服装注意点をまとめていこうと思います! 前回記事はこちら >>[服装]ワットポーに観光に来ている人たちの服装を徹底リサーチしてみました 目次を見るワットプラケオの基本情報ワットプラケオに入るための服装一般的な禁止事項の服装観光者から見る服装女性男性タイパ ...

ReadMore

ワットポー・王宮の服装

寺院

2018/3/8

[服装]ワットポーに観光に来ている人たちの服装を徹底リサーチしてみました

タイ観光と言えば、ワットポーなのですが。ワットポーはもう何回も行っているので・・・何か目的を持って行こうと思った結果。 ワットポーに観光に来ている人たちの服装を徹底リサーチしよう! ということに。 割かしこのブログ「ワットポー 服装」と検索して来てくれている人が多く、なのにそんな期待を裏切り記事を書かず申し訳ないなと思っていたのでこの機会に、ワットポーついでに観察してきました。 今回はそんな記事になります。詳細は目次で。 目次を見るワットポーの基本情報ワットポーに入るための服装寝釈迦仏での服装(男女)寝釈 ...

ReadMore

ワット・ポー

寺院 両親来タイ記録

2019/8/3

《タイ観光4日目①》個人で行く!ワット・ポーとワット・プラケオの行き方と観光

MRT拡張のため、アクセス抜群!MTR Sanamchai(サナームチャイ)駅から徒歩3分くらいで行けます! 首都バンコクの定番観光スポットです。大寝釈迦像を見ると「あぁ~タイに来たなぁ~」って感じるんですよね~。とは言っても隣にある「ワット・プラケオ」は特に格式と地位を誇る寺院!!こちらも行かない理由はないです! 《タイ観光》4泊5日バンコクを観光案内する為、日程を決めてみた の4日目に突入しました★ 暑いとダメですね~。歩く事さえ億劫になります。 観光4日目は寺院めぐりとニューハーフショーを見にアジア ...

ReadMore

もっと見る

おすすめ関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
まめこ

まめこ

バンコク生活7年目。魔の2歳児を前に目が死んでいると言われる1児の母まめこです。2018年にバンコクにて男の子を出産。大好きなカフェ巡りや、最近では子どもに関することなど更新中。ほそぼそのんびりと暮らしています。

-寺院

© 2021 まめこのバンコク滞在生活