タイのお土産&雑貨屋 ホームケア

毛穴の黒ずみや肌のざらつきが気になるなら天然繭玉「White Silk Cocoon Facial Scrub」がお肌つるつるになっておすすめ

今回一時帰国で好評だった繭玉レポです♡ずっと気になりつつも買いに行くのがちょっとなーと思っていたもの。去年か、一昨年くらいに・・・流行ったやつかな!笑

1ケース150B(約450円)で40個入り。しかも1回使い捨てじゃないってあたりもコスパ最強!今回は黄色と白の繭玉両方使ってみましたよ。

今更ながら、まめおと一緒にハマっている商品の紹介です♡

購入場所

購入した場所は、BTSプルンチット駅から徒歩3分くらいの”セントラルエンバシー”にあります。駅からスカイウォークが出ていて、そのまま直結しているので行くのは結構らくちん。

行き方は、BTSプルンチット駅5番出口方面へスカイウォークでずっとまっすぐの所、突き当り当たり右側にツルッとしたデパートが”セントラルエンバシー”です。※地図は一番下に貼っておきます。

(赤矢印は気にしないでください)

ちょうど写真の左側に見えてる通りを渡って、デパート内に入ります。デパート内に入ったら、お店に沿って左側に歩いていくとすぐエスカレーターがあるので、それで2階下に降りてください。

一番下のフロアにEat Thai foodっていうフードコートとスーパーがあるのでそこで購入できますよ◎

エスカレーター降りるとゲートがあるので、そこで「フードかショッピングか」って聞かれます。買い物をする人は「ショッピング」と言えば、カードをもらえるので受け取りましょう!

チャージするわけでもなく、ただのカードなのでお会計の時にレジで返却しました。

その他で知ってる場所は

  • フジスーパー(MAP)マップは1号店のもの
  • チャトチャックマーケット

くらいかな・・・?

繭玉って?美容効果はあるの?

昔から伝統美容法で有名なもの。蚕が作る繭(天然シルク)で作られています。

繭は元々極細の柔らかい天然繊維なので、毛穴や肌の凹凸、古い角質など普段取れにくい場所まで奥に入り込んでくれる為、そのおかげで肌がキレイになるんですってー!

汚れを落とす洗浄力の高さと、セリシンって言う成分が保湿効果もあるんだとか。

繭玉やり終わった後は、肌がツルツルになるだけではなく、肌のトーンも明るくなります!まめおは気になる鼻の毛穴に使っているんですが、これが・・・次の日もツルツルが持続するから凄い。

繭玉の使い方は?

使い方は至って簡単!

結構水に暫く付けてっていう商品もあると思うんですが、この繭玉は穴の開いてるところに指を指して、そのまま直接水を付けて、そのままダイレクトに気になるカ所にクルクルクルクル~とクルクルするだけ。

濡らさないと硬いので、肌に付けても大丈夫かなって思うんですが、濡らしてクルクルってするとすぐに柔らかくなりますよ~。指が細い人は、穴に入れても繭玉がクルクル周っちゃうので、中指に入れて人差し指と薬指で支えると上手くできるかも!

使いたい時にすぐに使うことが出来ます。ちょっと水分が減ってきたらまた水を繭玉にかけるのでもいいし、わたしは面倒なので顔全部濡らして使ってます。お風呂だと結構簡単にできるかも!

好きなだけクルクルしたら、洗い流して終わりです。そんなに汚れて無かったり、よれてなければ、繭玉をちょっと洗って干しておけばまた使えますよ!だいたいいつも2回~3回は使ってる。

日本に居たときはフェイシャルエステで働いていて、共通して毛穴の汚れがひどい場所は『小鼻、まゆげ、唇とあごの間のくぼみ!』ここは結構毛穴の汚れが取れやすいゾーンだったので、念入りにやるとつるつる肌を実感できるかも。

黄色と白の違いは?

各150B(約450円)

このメーカー、白と黄色の2種類あるんですが・・・

白→White Silk Cocoon Facial Scrub Soap
黄色→White Silk Cocoon Facial Scrub

と書いてあるので、白は石鹸入りです★黄色でもツルツルになりますよ~!白と黄色どっちがいいのかは、使っているとあまり違いはわからないんですが・・・個人的には石鹸入りの白が好きかも。

お土産には白、我が家は黄色を使っています!白も実は1個使っちゃいました(笑)

【タイお土産OTOP】お肌ツルツル天然繭玉「White Silk Cocoon Facial Scrub」がおすすめ!

2年くらいは持つそうですね!白色も変わらず、2年くらいの期限でした。

気になる方は是非お試しあれー!

 

ひさびさの美容記事でした♡笑

ではまた!

 

[Eat thai]

住所 Central Embassy,1031 Phloen Chit Rd, Pathum Wan, Khet Pathum Wan, thailand, タイ, 10330
最寄駅 BTSプルンチット(5番出口)
営業時間 10:00~22:00(定休なし)
対応 タイ語・英語

>>GoogleMapで開く<<

オーガニックブランド”NARA”のアンチエイジング&美白セラム『Seaweed』を使ってみた@ブレズ薬局(PR)

ホームケア

2020/8/6

【PR】オーガニックブランド”NARA”のアンチエイジング&美白セラム『Seaweed』を使ってみた@ブレズ薬局

最近ジワジワと人気が出ているタイブランド『Nara』のアンチエイジングセラム(美容液)のご紹介です! 「ブレズ薬局の商品をお試ししてみませんか?」と声をかけていただき、1カ月半くらい使わせてもらったので、使用&実感レポを書いていこうと思います。 もともと敏感肌で、いつも使っている化粧品のアバイブーベですら生理前後は”ピリピリしてしみる””全然肌に浸透しない”という超敏感肌の為、合うか合わないわからないので使ってみてよければレビューする感じになるかと、、、という流れで引き受けました。 肌の変化としては、肌質 ...

ReadMore

敏感肌のわたしが愛用している基礎化粧品「アバイブーベ」のトナーとクリーム

ホームケア

2020/8/6

敏感肌のわたしが愛用している基礎化粧品「アバイブーベ」のトナーとクリーム

最近カテゴリーをさらに細分化しまして、新しく『ホームケア』のカテゴリーを作りました!徐々に増やせて行けたらいいなと。 ということで、さっそく家で使っている基礎化粧品を書いていこうと思います。 わたしの肌質 部分的乾燥肌と普通肌の混合 結構敏感肌 生理時期は化粧水が全く浸透しない、むしろしみる 触ったらわかるプツプツしたおでこのニキビが気になる といった感じ1カ月のうち、肌の調子がいいのが月の半分くらいあるかな。最近新しいアンチエイジングセラムを使う機会があり、それのおかげで使い始めてからずっと調子がよく、 ...

ReadMore

バンコクの薬局で買えるシミ取りクリーム『レチンA』と『デラニン』肌がヒリヒリ痛むので使用頻度をかえてみた!

タイのお土産&雑貨屋 ホームケア

2020/8/5

バンコクの薬局で買えるシミ取りクリーム『レチンA』と『デラニン』肌がヒリヒリ痛むので使用頻度をかえてみた!

バンコクの薬局で手軽に買えるシミ取りクリーム!値段も安くてお土産にも、在住の日本人にも人気の商品です。 わたしも流行にのってブレズ薬局で購入してみたんですが、4日目ぐらいには肌が真っ赤になり、皮がめくれて化粧水やシャンプーがしみる。それでも使い続けてみたら1日中痛くて使用するのを辞めていました。 今日から使ってみるー!結果楽しみー!と意気揚々とインスタのストーリーにあげ「経過気になります!」「わたしも使い始めました!一緒に頑張りましょー!」とかDMもらっていたのですが、6日くらいで断念。 数日後肌に合わな ...

ReadMore

タイのお土産&雑貨屋 ホームケア

2019/4/24

「PANYA NATURAL&ORGANIC」の究極の美オイルと言われるモリンガオイルを使ってみた@プロンポンsoi31(PR)

モリンガオイルって知ってますか? ”奇跡のオイル””究極の美のオイル”と言われていてアンチエイジング効果が高く日本人女性の間で人気!スキンケアだけではなく、ヘアケアとしても全身に使用できる万能オイルです。 今回は、日本でも紹介されたことのある「PANYA NATURAL&ORGANIC」さんのモリンガオイルをご紹介します♥ お店の方から割引のプロモーションも頂いたので、記事の最後に載せておきます! 目次を見るモリンガオイルとはPANYA NATURAL&ORGANICへの行き ...

ReadMore

【タイお土産OTOP】お肌ツルツル天然繭玉「White Silk Cocoon Facial Scrub」がおすすめ!

タイのお土産&雑貨屋 ホームケア

2018/7/19

毛穴の黒ずみや肌のざらつきが気になるなら天然繭玉「White Silk Cocoon Facial Scrub」がお肌つるつるになっておすすめ

今回一時帰国で好評だった繭玉レポです♡ずっと気になりつつも買いに行くのがちょっとなーと思っていたもの。去年か、一昨年くらいに・・・流行ったやつかな!笑 1ケース150B(約450円)で40個入り。しかも1回使い捨てじゃないってあたりもコスパ最強!今回は黄色と白の繭玉両方使ってみましたよ。 今更ながら、まめおと一緒にハマっている商品の紹介です♡ 目次を見る購入場所繭玉って?美容効果はあるの?繭玉の使い方は?黄色と白の違いは? 購入場所 購入した場所は、BTSプルンチット駅から徒歩3分くらいの”セントラルエン ...

ReadMore

もっとみる

おすすめ関連記事

  • この記事を書いた人
まめこ

まめこ

バンコク生活7年目。魔の2歳児を前に目が死んでいると言われる1児の母まめこです。2018年にバンコクにて男の子を出産。ほそぼそのんびりと暮らしています。 お問い合わせ

-タイのお土産&雑貨屋, ホームケア
-,

© 2020 まめこのバンコク滞在生活