美術・博物館

タイ・バンコクのウォールアートストリート散策@Charoen Krung soi32

久々の観光。今回は近くに用事があってせっかくなので、バンコクのウォールアートで有名なジャロンクルン通りにあるウォールアートストリートへ行ってきました!

インスタ映えですね★晴れてても雨降ってても絵になるカラフルなアートがたくさんあったので、今回は行き方の詳細と写真が多めの記事です。

場所と行き方

場所は、バンコク中心部から少し離れたチャオプラヤ川沿いにあります。BTSサパーンタクシン駅から1.4KM、徒歩だと約20分くらい。

地図だとこの辺りかな。

\/ BTSと船を使った行き方

BTSサパーンタクシン駅2番出口から階段を下りてそのまままっすぐ進み船乗り場へ(Sathon Pier)、チャオプラヤエキスプレスボートに乗って”Si Phraya Express Boat Pier”にいきます。チャオプラヤエキスプレスボートはPIER3(3番乗り場)から出ています

駅から降りて突き当り中央あたりの風景↓

ボート乗り場案内MAP↓

チャオプラヤエキスプレスボートに乗って”Si Phraya Express Boat Pier”下船です。

PIER3の乗り場は2019年11月29日~2020年1月20日の間は改装予定になるみたいなので、この期間あたりに利用する人は注意してください。

(声を大にしては言えないけど、シェラトンホテルから無料ボートが出てるからそれに乗ってもいけるんじゃないかと思う)

船着き場到着後そのまままっすぐ進み大通りへ出て右に曲がると一つ目のスポットに到着!

 

\/ アイコンサイアムの無料シャトルボートを使って行く方法もおすすめ

アイコンサイアムから無料のボートも出てるので、アイコンサイアム経由でもおすすめです。

BTSサパーンタクシン駅1番出口から階段を下りてそのまままっすぐ行くと突き当り頭上に大きな看板が出てます。

NPierが乗り場です。

アイコンサイアム行きの無料シャトルボートに乗ってアイコンサイアム(ICONSIAM Pier 1)到着したらPier4またはPier3に乗り換えます。

下記写真がアイコンサイアムで、赤丸がPier3、4乗り場。写真上の左側奥がPier1でBTSサパーンタクシンからの往復です。

金色か黄色のでかいビル側に乗り場があって”ICONSIAM Pier 3、4”の乗り場から乗ると”Si Phraya Ferry Pier”に到着します。※無料です

船乗り場到着後まっすぐ進み、道路へ出て右に曲がります。すぐ右隣りがシェラトンホテルで、そのままシェラトンの前を通り過ぎてまっすぐ進んでいくと1つ目のスポットに到着!

 

\BTSサパーンタクシンからタクシーでも行ける

駅からタクシーで行くとだいたい5分くらい。「ジャロンクルング・ソイ・サームシップソーン(Charoen Krung soi32)」あとはロイヤルオーキッドシャラトンホテルが近いかな。タクシーもホテル前は結構走ってたので、帰りのタクシーも捕まえられそう。

ポルトガル大使館の壁画

ポルトガル大使館の壁に掘って作られたアート作品です。

これ本当に掘ってあって、掘る深みとかで表現されています。これが近くで見ると全然わからないんですよね。なんかボコボコしてるなって感じで、こうやって反対側へ行ってみるとこんな風になってて、はぁ~~っ!と圧巻。

ちょうどカーブがあって車通りが激しい場所なので、気を付けてみてくださいね。

ウォールアートストリート

ポルトガル大使館の壁画を通り過ぎ(シェラトンホテルとは反対側に進む)突き当りを道路に沿ってカーブを曲がってすぐにある敷地Warehouse 30に入ります。

ここの敷地をさらに抜けた先にあります。

敷地を抜けて左側は、漁網がほしてありました。

これはこれですごく新鮮。漁網はタイで初めて見たかも!

壁画アートは右手側にあります。

インスタでも最もよくみけける有名な壁画アート

まだまだたくさんありました!

これを機にウォールアート見て回りたいなーという欲がふつふつと、こういうところ行くと写真撮ってもらいたいけど、一人だったのでそういう訳にいかず(笑)

周辺に観光される際はぜひ立ち寄ってみてください◎

周辺スポット
リバーサイドの「Warehouse30」はお洒落なカフェと雑貨がいっぱい@Charoen Krung soi30

続きを見る

 

[MAP]

住所 Warehouse 30, 52, โกดัง 9 Captain Bush Ln, Khwaeng Bang Rak, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon 10500(近くのお店に位置情報してます)

>>GoogleMapで開く<<

エカマイ科学博物館にある虫や昆虫・蝶々の標本『虫の世界』へ④

美術・博物館 遊び場とカフェ

2020/8/26

エカマイ科学博物館にある虫や昆虫・蝶々の標本『虫の世界』へ④

下の階にある恐竜博物館を楽しんだまめ助。虫にも興味があるかなーと、同じビルの5階にある虫の世界というフロアへ行ってきました。 主に幼虫や蝶々、昆虫、ちょっとした虫の体験が出来る遊び場がある感じで、虫が苦手な親はぞわぞわするエリアです。 ポイント BTSエカマイ駅すぐ 博物館全体の入場料:大人30B、子ども20B(乳幼児無料) 生きてる芋虫もいる 目次を見るエカマイ科学博物館への行き方いざ、虫の世界へ!エカマイ科学博物館の詳細とMAP エカマイ科学博物館への行き方 BTSエカマイ駅からエカマイ科学博物館への ...

ReadMore

恐竜ブームの息子とエカマイ科学博物館の中にある“恐竜博物館”へGo!その②

美術・博物館 遊び場とカフェ

2020/8/26

恐竜ブームの息子とエカマイ科学博物館の中にある“恐竜博物館”へGo! ②

恐竜ブーム真っ只中のまめ助!恐竜のフィギュアを買ってもらってからさらに加速し、朝起きてすぐにガオー。寝る直前までガオー。夜中に起きてガオー。ガオー見る?と聞いて、ガオーと返事をする徹底ぶり。 服を着るのを嫌がったって「ガオーの服だ!ガオーの服着る?」と聞けば「ガオー(こくり)」とうなずいてくれる、ガオー様様の毎日を送っています。 町中で恐竜っぽいシルエットを見れば大興奮。せっかくなら恐竜博物館へ連れて行きたいなと、バンコクにあるか検索をしてみたらエカマイに発見! さっそくエカマイの科学博物館(Scienc ...

ReadMore

エカマイ科学博物館への行き方

美術・博物館 遊び場とカフェ

2020/8/26

【エカマイ科学博物館】入場料は大人と子どもで50B!安くて遊び場のある博物館へ行ってきました

まめ助1歳7カ月(当時)色々わかるようになってきて、何より自分で歩けるようになったので、以前から気になっていたエカマイのスクンビット道路沿いにあるエカマイ科学博物館へ行ってきました! 入場料は大人30B、子ども20B(乳幼児無料)です。1枚でどこでも入れます◎ この記事を書くまでに何度か行ってみた感覚では、午前中は歩ける1歳児、2歳児が凄く多いイメージ。午後になると大きなお兄ちゃん達やデートで使ってる学生さんが居る印象がありました。 今回の大きな目的は『恐竜博物館』!恐竜大好き!ついでに遊び場もいいよと教 ...

ReadMore

バンコクの薬局で買えるシミ取りクリーム『レチンA』と『デラニン』肌がヒリヒリ痛むので使用頻度をかえてみた!

タイのお土産&雑貨屋 ホームケア

2020/8/5

バンコクの薬局で買えるシミ取りクリーム『レチンA』と『デラニン』肌がヒリヒリ痛むので使用頻度をかえてみた!

バンコクの薬局で手軽に買えるシミ取りクリーム!値段も安くてお土産にも、在住の日本人にも人気の商品です。 わたしも流行にのってブレズ薬局で購入してみたんですが、4日目ぐらいには肌が真っ赤になり、皮がめくれて化粧水やシャンプーがしみる。それでも使い続けてみたら1日中痛くて使用するのを辞めていました。 今日から使ってみるー!結果楽しみー!と意気揚々とインスタのストーリーにあげ「経過気になります!」「わたしも使い始めました!一緒に頑張りましょー!」とかDMもらっていたのですが、6日くらいで断念。 数日後肌に合わな ...

ReadMore

息子が爆喰いしたShinoThai フリーズドライ『Kidsnack』が美味しくておやつや朝食にもおすすめ(PR)

タイのお土産&雑貨屋 離乳食

2020/7/17

【PR】息子が爆食いしたShinoThai フリーズドライ『Kidsnack』が美味しくておやつや朝食にもAおすすめ

スーパーに売られている乳幼児向けのお菓子って意外に数多くて、何がいいのか、成分はなんなのか、これはいったい何なんだ、美味しいのか、高いしまずかったらなって思って、お菓子のパッケージと睨めっこすること良くありませんか? 友達から「これいいよー」とか「一口食べてみる?」と聞いたり食べてみた反応を見て買ってみることが多いと思うんですが、今回インスタのDMで「わたし達のお菓子を食べてみませんか?」とお話を頂き、villaで見かけたお菓子で成分とか色々気になっていたのでぜひと! 今回特に「シェアして欲しい」とか「P ...

ReadMore

>>バンコク観光記事一覧を見る

おすすめ関連記事

  • この記事を書いた人
まめこ

まめこ

バンコク在住6年目、主婦のまめこです。2018年にバンコクにて男の子を出産。現在家族3人でほそぼそのんびりと暮らしています。 お問い合わせ

-美術・博物館
-

© 2020 まめこのバンコク滞在生活