生活情報 日本一時帰国

タイで買える?タイに持って帰りたい買い物リストをまとめてみた!

一時帰国の楽しみと言えば、スーパー!薬局!100円均一!そしてコンビニ!

気づいたら「これ、持って帰れるのか?」というくらい、次から次へと物欲の亡者に(笑)

持ち帰れる重量は個数は決まっているので

買い物の流れ

  • 欲しい物をリスト化し、必要度で振り分け
  • 絶対に欲しい物は帰る前にAmazonやネットスーパーで事前に購入
  • スーツケースや段ボールに詰めて、まだ入りそうなら欲しい物を調達しつつ、新商品の物色
  • 詰めて買い物終了

いきなりスーパーや薬局に買いに行くと、新商品だったり真新しかったりで、それこそ物欲フィーバー状態で、実際必要な物がちゃんと買えてないってことがあるので、先に必要な物はAmazonで購入!実物みて「結構買ったな」と一旦落ち着こう。

それでも、いざタイに帰るって頃には

まめお
本買ったから、まだ入るよね~

なんてのもあり、重量オーバーに。

だいたいそうなると、手荷物でいけるものは手荷物にしたり、あとは実家にってのがいつもの流れです。

毎日欠かせない食料品

基本的にどれもバンコクの日系フジスーパー(MAP)で購入が可能。あとはマックスバリューやTOPS、gourmetmarketでも日本の商品が手に入ります。とにかく日本の商品は高い。

 

バンコクでのスーパーでよく買う我が家の定番調味料

ケチャップ・キューピーのマヨネーズ・油・味醂・醤油・酒・塩・砂糖・ミツカン穀物酢・すし酢・柚子ポン酢・めんつゆ・白だし・合わせみそ(白・MIX・赤全部あります)ウスターソース・トンカツソース・お好み焼きソース・本だし・ニンニクチューブ・しょうがチューブ

 

クックドゥーとかもスーパーに売ってます。基本的に、お菓子も食材もなんでも手に入るかなと。フリーペーパーのダコが毎週フジスーパーのセール情報載せてくれているので、これ見ると商品や価格帯がわかりやすいかも。

フジスーパーのセール情報:DACO

 

いつも買ってタイに帰るもの

  • かどやのごま油(躊躇する高さ)
  • オイスターソース(気に入る味がなくて…)
  • 鰹節パック
  • 本だし(ただただ高い)
  • コンソメ(負けじと高い)
  • インスタントのみそ汁(あると便利なんだけど中々買わない)
  • 炊き込みご飯の素(タイだと1箱約300円くらいかな)
  • 調味シャンタン
  • ツナ缶
  • パスタソースの素
  • ポカリの粉末(急な風邪の時に便利)
  • 海苔(消費が激しい割に割高なので、手巻き・おにぎり・刻み3種)
  • 干し芋(ただ好き、焼き芋は売ってる)
  • ふりかけ
  • アンパンマンカレー
  • 離乳食

煮干しや干しシイタケ、昆布などの乾物類はめっちゃ高いから使う人は買ってきた方がおすすめ!

コンソメは、タイのを買ってみたんだけど匂いが好きではなくて断念。

マヨネーズはキューピーのものが売っているんですが、日本のと同じのだと高いです。だいたい1本179B・630円くらい。カゴメケチャップは1本850円くらいするかな。

日本と同じと言っても買うのは、白地に赤ラインのパッケージのキューピーマヨネーズ。

バンコクで買える日本と同じ味のマヨネーズ

これは日本で売っているキューピーマヨネーズと同じ味です。ちなみに『ジャパニーズスタイル』って書いてある赤色のキューピーのマヨネーズは、結構甘めのマヨネーズになっているので注意してください。

子どもの食品 /

これはバンコクでは買えないので、必要な人は必要。王子様カレーは食べてくれなかったので、我が家は必須。

急な風邪や体調不良でスーパーに行けない時に /

デリバリーでも届けてくれるんだけど、部屋からも出れない体調不良の時に常備しておきたいもの。

日本で買ってくるといいキッチングッズ

  • 玉子焼き機(あるけど高い)
  • お弁当箱
  • 箸(意外にシンプルなのがあまりないかも)

薬・薬局

  • バファリン
  • 葛根湯
  • パブロン
  • 生理用鎮痛剤
  • 虫刺されの塗り薬(大人用・子ども用)
  • 目薬
  • マスク
  • ヘッドが小さい歯ブラシ・子ども用歯ブラシ
  • 乳歯用の歯磨き粉

葛根湯はソイ33/1にあるブレズの漢方薬局(MAP)で購入可能なんですが、自分でお茶にしたり、タイは基本薬系のカプセルが手の指の第一関節くらい大きくて毎回飲むのに苦労するので、パブロンと葛根湯はいつも買って帰っています。

大気汚染が酷くなる乾季に必須

特に12月中頃から~2月、3月にかけて大気汚染(PM2.5)が酷く、酷い日には数値が300超えることも。朝からスモッグが凄いので、この時期はマスク生活。

マスクは売ってるんだけど、日本製は結構高いので買ってこれるなら予備で置いておくのがおすすめ。赤ちゃん用や子ども用はとくにあるといいかも。

熱が出たときに使いたい

これは買ってきてよかったベスト1!

冷えピタは、大人用・子ども用が売ってます。小さな手のひらサイズのジェルタイプのアイスノンもあり。

ダイソー

  • お弁当グッズ
  • デコ弁用品(型抜き)
  • 絵本やシールブック等
  • 和食器(安くてかわいくて使い易い)
  • 洗濯ネット(売ってるけど、とにかくよく破れる)

バンコクにもダイソー(60B・約210円)あります。

あとワッツ(MAP)っていう60Bショップは、セリアとダイソー商品が混ざってるお店。komonoyaも日本の100円ショップの商品が販売されています。基本的になんでも買えるけど、日本ではやってるモノなどの商品の入荷は遅め。

なので、だいたい100均で買えるものは手に入るかなと思います。200円だけど。

その他あると便利な生活日用品

  • 裁縫セット
  • ミシン(変圧器が必要)
  • 文房具(こっちのボールペンすぐ出なくなる)
  • パソコンにも携帯にも使えるカードリーダー

今一番欲しい便利グッズ

子どもの写真や、カメラを忘れたときに携帯で撮影したりしたときにササっとデータを移動できるカードリーダー。携帯の写真データもSD保管できるのが魅力的。データが7,000枚とかになってて、一気に気軽に保管したい。

AKINK SDカードリーダー 4in1外付メモリーカードリーダー iPhone Android Type-C USB 全対応 フラッシュドライブ 容量不足 解消 データ転送 データ移行 カードリーダー カメラ用SDカード リーダー 写真 動画 音楽 直接 高速転送iphoneデータ保存 機器 Android PC直接使用可能 MicroSD TFカードリーダー 一年間品質保証(黒)
AKINK

娯楽

  • ゲーム機
  • パソコン
  • ipad
  • 料理の本

パソコンはタイでも買ったんだけど、キーボードが微妙に違うので、慣れるまでに結構時間がかかってブログも凄く書きにくかったです。F〇の部分は全部違うので、中々使い勝手がわからず。

タイで購入しても、日本語入力は可能。設定が英語だったりするので、やっぱり日本で買うのが一番使い易いかなと思いました。日本に居住がなければ免税対象なので、家電屋さんで家電を買う時は忘れずに!

あとは、最近本はkindleで済ましちゃうんだけど、料理本は本の方が見やすくて毎回1冊は買ってる気がする。

タイで揃わないものはない!

「あ、この調味料は今家にないな」とかになっても、代用できる調味料や食材も全部書いてあって、基本的な材料のみでできてるレシピ本。これの調味料や食材はタイには無いからできないってことが無くて重宝してる。

化粧品関係

  • 洗顔
  • メイク落とし
  • 日焼け止め
  • メイク用品
  • ヘアワックス(夫)
  • コンタクト(夫)

毎回買って帰るのは、この4種類くらい。

それ以外はタイで買えるもので愛用中です。あと、メイベリンはバンコク凄く安く購入できるので、メイベリン愛用者はそんなまとめて買ってくる必要はあまりないかも。

生理用品はエリエールの普通日用16コいり、45B(約160円)くらいで売ってます。高めですね。

関連記事
敏感肌のわたしが愛用している基礎化粧品「アバイブーベ」シリーズ!
敏感肌のわたしが愛用している基礎化粧品「アバイブーベ」シリーズ!

続きを見る

関連記事
無印良品[MUJI]@セントラルワールド(バンコク)
バンコクの無印良品[MUJI]でスキンケアグッズを購入@セントラルワールド:ZEN

続きを見る

コンタクトは、結構種類はあるんだけど、無い物もあるので、まずは日本から持ってくるのが良いと思います。夫はいつも会社帰りにここで購入しています。

関連記事
バンコク コンタクトレンズ
バンコクで「コンタクトレンズ」を買うなら、利便性抜群のここで購入!

続きを見る

忘れちゃいけない子供用品

  • ドリル
  • 絵本・児童書
  • 子ども用の包丁やハサミ
  • 0歳~3歳くらいなら靴・サンダルも!

中々手ごろな価格のベビーや乳幼児・幼児の靴がないので、買ってくるのがいいかも。我が家はファーストシューズは日本で購入して、セカンドシューズはタイのデパートの中にあるアシックス、サンダル類はちょうどよさそうなものが無くて日本から郵送で送ってもらいました。

特に年から年中、水遊びが出来る施設なんかもあるので、水遊び用のシューズが1足あると便利。

これは買ってくるべき!下着!

  • ブラジャー
  • 男性用の肌着

服は基本的にどこでも購入できるんだけど、ブラジャーが中々サイズ感とか諸々あわせても買いにくい。サイズ計ってもらえるのかとか。タイに来てユニクロのブラトップに切り替えた人も多い気がする。楽なんだけども。

ナイトブラや日常用のブラは予備もあわせて買ってくるのがおすすめ!

あとは、夫のワイシャツの下に着る白い肌着。タイは洗濯するとすぐに黒ずんでくるので、これも予備あわせて持ってくるといいかも。

靴下は安くどこでも買えるので日本から買ってきたことは無い。

お土産に何が欲しい?

まめお
何か買って帰る~?

と聞かれたら必ず買って帰ってきて欲しいベスト3

  1. コンビニのおにぎり(ツナマヨ・紅鮭または昆布)
  2. コンソメポテチ
  3. じゃがりこ

まめお1人で一時帰国して、わたしが残ってるパターンの時はこの3つは必ず注文してます。恋しくてたまらないシリーズ。出来れば『お~いお茶』とか付けてくれると尚嬉しい。

 

夫の会社のお客さんや友達から貰ってうれしかったお土産・手土産は

定番のお土産

ご当地モノ

ご当地モノだと他にも、ゆかり・赤福なんかも嬉しい

ちょっと高いおせんべい詰め合わせ(パクパク手軽につまめて日本を感じれるのがうれしい)

このもち吉さんのおせんべいをたまに貰うんですが、これがめっちゃ美味い。

まとめ

毎回スーツケースに入りきらなくて、置いてくものが多くて、今回も若干不安です。いつもタイ航空なんですが、JALで往復することに!JALだと1スーツケース最大23Kgを2つ預けることができるんです♡スーツケースは1人2つになるけど、合計46kgも。2人なら92kgだからすごいですよね。

まめおも居るしスーツケース大きいの持って帰国してもらわないと…!

以上、まめこ帰国用メモでした。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

まめこ

バンコク生活7年目。1児の母まめこです。2018年にバンコクにて男の子を出産。大好きなカフェ巡りや、最近では子どもに関することなど更新中。
2021年に本帰国しました!
溜まっている記事を更新していく予定です。
※ブログ内の画像等の無断転載・無断使用はご遠慮ください。

>>お問い合わせはこちら(contact form)

-生活情報, 日本一時帰国
-, , ,

© 2022 まめこのバンコク滞在生活