日本食 BTSプロンポン

白いカレーうどんで話題の『KOMUGI JAPANESE UDON』でランチ@Sukhumvit soi 39

やっと話題のうどん屋さんへ行ってきました!

KOMUGI JAPANESE UDON

です!

トンローにあるラーメン屋さん「和久」のお店。

12時オープンなので12時に待ち合わせていったら、12時前に「めっちゃ並んでる」と連絡が。

入ってみたら満席までには行かなかったんですが、料理が運ばれてくるときには満席。お店から出るときは、外でウェイティングができてました!

てっきり駐妻さんでいっぱいなのかと思いきや、わたし達以外はタイ人のお客さんでいっぱいでした!!

KOMUGIの場所と行き方

BTSプロンポン駅から徒歩15分くらい。

歩ける距離だけど、歩くとちょっと遠い距離。

MAP上だとこちら。

BTSプロンポン駅3番出口から階段を降りてUターン。ソイ39に入ります。横断歩道は渡らなくてOK。

あとはソイ39をひたすらまっすぐ進むと到着です。シーローでも行けるけど、どこを目標にしていいか分からず、道案内しながら行きました。(39の入り口から乗ったらまっすぐ行くだけなので、窓をコンコンすればいいかな)

ということで、到着。

店内の様子

入って撮ればよかったんだけど、すっかり忘れて帰りがけの満席時に。

ソファーが多め。窓側にある大きなソファータイプの椅子は深めなので、ねんねでも行ける。まめこ助もゆったり座れて、友達の子は寝てました。

KOMUGIのメニュー

大盛り無料です。大盛りでも意外にぺろっといけました。

あとは美味しいと噂のとり天!

隣の人が頼んでたんですが、天ぷらのかき揚げも大きくて、めっちゃおいしそうだった!(100B)

パフェもソフトクリームもめっちゃかわいい。

ドリンクメニュー(一部)

白いカレーうどん・梅おろしうどん・とり天

名物とり天 120B / 3pc (約360円)

絶対に食べた方がいいと聞いていたとり天!友達と半分ずつシェア注文。

唐揚げみたいに下味がしっかり付いてました。ニンニクと自家製の調味料で漬け込んでいるそう。鶏モモ肉なので、ぷりっぷりでジューシー。まめ助もぺろっと完食。

白いカレーうどん 300B(約900円)

これを食べにくる週からずーーーっと白いカレーうどんにするか、おろしうどんにするか迷いに迷って、白いカレーうどんに。

白い部分はじゃがいものムース。ムースも温かいのかと思ったら、冷えてた!下に通常の茶色カレーが入っています。

じゃがいもでクリーミーになりつつも、それでも下のカレーが香辛料が若干効いてるので、星の王子様を食べている息子には少し香辛料が強くて塩辛めかも。けど出汁でのばしてあるから、美味しそうに食べてました!

麺は手打ちなので茹で上がるのに時間がかかります。カレーうどんにしては麺は細め。もちもちしてるけど、コシも強すぎず柔らかすぎずな、ほどよい弾力のあるうどんでした。さぬきうどんが好きな人は、コシが若干弱く感じるかも。子どもは好きそうな加減かなと思います!

ちょっと前までは、さぬきうどんみたいに、ぶりんっぶりんっとしたコシの強いうどんが好きだったんですが、年齢的な問題かな?こういうモチっとして程よくやわらかいみたいな麺が好きだったりする。噛んで。

豚しゃぶ梅おろしうどん 280B(約840円)

友達が撮っていいよーと言ってくれたので撮らせてらいました。ありがとう。

冷たいので、コシがしっかりしてたみたい。この弾力とコシで息子が食べれてるのが気になったと言っていたので、温かいのと冷たいので弾力の違いはありそう。

次は冷やしおろしうどんにしようかなって思います。暑いしね。絶対美味しい。

 

***************

白いカレーうどん 300B
おろしうどん 280B
とり天 120B
ミネラルウォーター 20B

Subtotal 720B
S.C. なし
VAT 込み

お会計
720B(約2,160円)

***************

1人だと行きにくいかなーと思っていたんですが、中央のカウンター席でも、ソファー席でも全然行けそうな雰囲気でした。

もこもこソフトクリームパフェ

各230B(約690円)

もこもこのソフトクリーム。

ソフトクリームは、ミルク、ヨーグルト、ミルク×ヨーグルトのMIXの3種類から選べました。わたし達はスタンダードのミルクを。

ひさびさに美味しい純粋なミルクソフトクリームを食べた気がする。とはいっても、大人になってあまりソフトクリームを食べなくなったのもあるんだけど、、、美味しかった!

次はさっぱりめのヨーグルトMIXでもありだなーと。

お店の詳細とMAP

住所 Sikhumvit soi 39,Klongton nua, Watanami, Bangkok10110
最寄り駅 BTS プロンポン
営業時間 12:00-21:00(月曜日休み)
電話 02-000-9612
サイト instagram
対応 タイ語
GoogleMap 開く
フローズンタイティーが飲める『Karun Thai Tea』へ@エムクオーティエM階

カフェ BTSプロンポン

2020/10/24

フローズンタイティーが飲める『Karun Thai Tea』へ@エムクオーティエM階

インスタで見かけて気になっていたフローズンタイティーが飲めるお店。 Karun Thai Tea(カーランタイティー) 以前ポップアップでエムクオに来た際に、普通のタイティーも凄く美味しいと評判だったイメージ。瓶に入ったタイティーをよく目にしてたかな。この日もタイティーは売り切れでした!美味しいうえに、売り切れと聞くとさらに飲みたくなる心理。 目次を見る場所と行き方店内の様子メニューフローズンタイティーとタピオカお店の詳細とMAP 場所と行き方 場所はBTSプロンポン駅から駅直結。駅直結フロアと同じ階のM ...

ReadMore

カフェ BTSプロンポン 遊び場とカフェ

2020/10/24

エムクオのボールプール付きのキッズカフェ『tanwa thefoodproject』でランチ!

先日のPR案件が終わって(【バンコク習い事】0歳から出来る日本でも人気の幼児教室『COPEL』がエムクオーティエにオープン!(PR))EMJOY内をふらふら歩いてたら、ボールプール発見! エムクオーティエの2階奥にできた新しいエリア”EMJOY”は基本的にどの店舗も有料の習い事ばかりだったので、利用することはあまり無そうだなと思っていのですが、ちょっと遊ばせられるカフェはありがたい。 tanwa.thefoodproject に行ってきました! 色々なデパートに入ってる有機食材や健康食品を使用したTANW ...

ReadMore

リーズナブルで美味しい『La Cocorico Bangkok』のランチ@Sukhumvit Rd

イタリアン BTSプロンポン

2020/10/22

リーズナブルで美味しい『La Cocorico Bangkok』のランチ@Sukhumvit Rd

コロナ禍前は、ランチも予約しないと入れなかったイメージがあったお店ですが、今は店内かなり入りやすくて子連れでも行きやすい。 La Cocorico Bangkok に行ってきました! 以前はよく行ってたけど、子どもが産まれてからはご無沙汰だったお店。最近よくインスタで見かけるようになって、木たらの帰りに思い立ってシーローに乗り、まめ助とランチ。夜とかも行ってたんだけど、もうめっきり夜の外食はしてないなー。 目次を見るココリコの場所と行き方お店の雰囲気ココリコのランチメニューロティサリーチキンプレートを注文 ...

ReadMore

プロンポンのネコカフェ『The fairy door』に行ってきた@レインヒル

カフェ BTSプロンポン

2020/10/15

プロンポンのネコカフェ『The fairy door』に行ってきた@レインヒル

にゃんにゃんが好きなまめ助。 レインヒルに入っているパカマラでコーヒー豆を買うんですが、そのたびに気になっていた猫カフェへ行ってきました。 The fairy door(フェアリードア) 猫ってこんな大きかったっけ?とびっくりするくらい大きな猫たちがたくさんいましたが、ここの猫たちは人懐っこくて、自由で、ツンデレ具合がたまらず可愛かった‼‼‼ 目次を見るThe fairy door の場所と行き方システムと料金フード&ドリンクメニューいざ、おとぎの国の猫カフェへT ...

ReadMore

柔らかジューシーな熟成肉とガツンとバーガー『LEON by cocotte』がエムクオにオープン!(PR)

お肉 BTSプロンポン

2020/10/3

柔らかジューシーな熟成肉とガツンとバーガー『LEON by cocotte』がエムクオにオープン!(PR)

エムクオに先週新しくオープンしたお店 LEON by cocotte に招待していただき行ってきました! なんとエムクオ内のG階にある『Mozza 』『Victoria』に続き3店舗目のCocotte系列です!新しくできたLEON by cocotteは、主にハンバーガーや熟成肉が食べれます。 お肉を引き立てるのに必要不可欠な野菜は、チェンマイの有機野菜を使用しているこだわり。cocotteのトマホークが美味しいことは承知の上なので、オープンを結構楽しみしていたお店なのです〜。 目次を見るLEONの場所と ...

ReadMore

BTSプロンポンエリアの飲食店記事をもっとみる

おすすめ関連記事

  • この記事を書いた人
まめこ

まめこ

バンコク生活7年目。魔の2歳児を前に目が死んでいると言われる1児の母まめこです。2018年にバンコクにて男の子を出産。ほそぼそのんびりと暮らしています。 お問い合わせ

-日本食, BTSプロンポン
-

© 2020 まめこのバンコク滞在生活