乳児のお出かけ 遊び場とカフェ

ハイハイから楽しめる「HARBORLAND」の小さい子ゾーン@ゲートウェイエカマイ

2020年3月18日からコロナウイルス拡散を食い止める対策が実施された為、暫く営業中止だそう(予定では3月31日まで)HPで確認を

以前から気になっていたエカマイにある巨大遊び場

\ HARBOR LAND /

ちょっと大きい子向けなのかなーと思っていたら、80cm以下は無料(大人料金の160B)で4時間!思いのほか凄く楽しそうで。今回は、ハーバーランドのBabyゾーンと100cm以下のエリアをまとめていきます★

大きい子エリアは傍からしか見てないので、おおまかな写真だけ載せておきます!

料金とシステム

2020年2月現在の料金表

身長ごとに料金が異なります。80cm以下の子は無料なので、親の180bahtだけでOK。時間は変わらず4時間の滞在です。

  • 靴下必須
  • スカート禁止

受付で、QRコードを読み取り電話番号と参加人数(大人1人、80㎝1人など)、靴下の有無など入力していきます。友達の分も一気にできるので、だれか代表してやってもいいかも。

受付

料金を払って、リストバンドをもらいます。

入り口で、体温チェックをしてQRコードを読み込んでもらい、終了時間を教えてもらって中に入ります。

場所と行き方

場所はBTSエカマイ駅、直結のゲートウェイエカマイの5階にあります◎

ゲートウェイエカマイはMAP上だとここ。

5階まで上がったら目の前にあります!

ベビーカー置き場

入ってすぐにベビーカー置き場があります。

ロッカー

その奥にロッカーがあって、これ以降は土足厳禁。

飲食ゾーン

飲食ゾーンを抜けると遊び場があります。

ハーバーランドはベビーチェアが置いてないので、自立してちゃんと座れる子じゃないと結構難しいかなと思いました。

ドーナツの他、うどんやカレー、ホットドッグなどの軽食もあり。

お菓子やジュースの販売もありました。ドーナツ屋さんにコーヒーあり。

まめ助達はお菓子と飲み物を持ち込みました。

遊び場側に飲み物を置いておける場所もありました。

Babyと100㎝以下のエリア

学校がお休みの日とかに被るとこのエリアも大きい子たちが入ってきちゃうので、のびのび遊ばせるならお休みを避けるのがいいかも(一応スタッフさんたちも注意はしてくれてるんだけど…)

飲食フロアから出て左にずーっと行ったところにあります。授乳室やおむつ替え室は全く逆方向にあり。

大人料金だけなので、多少なりにも楽しめるけど、ハイハイ始めたり、つかまり立ちしたり、モノによじ登ったりするくらいからが楽しいと思います!床全体に柔らかいマットが敷いてあるので、転んでも特に痛そうなそぶりはないんですが、柔らかい分結構歩きにくいみたいで何度も転んでいました

★80㎝以下の赤ちゃんゾーン★

BABYエリアはさらにマットがふかふかになってて、しかけおもちゃなどが多め。

★100cm以下エリア★

 

飲食フロア出て右側奥に行くと三輪車ゾーンがあって、小さい三輪車の方が100cm以下の子ようになってました。

大きい子エリア

大人もめっちゃ楽しいと思う。

 

大きい滑り台にはスタッフさんがちゃんといるから逆走することかも居なさそうで、安心。この裏にはバスケットゴールとかもあった!

授乳室とおむつ替え

飲食エリア抜けて、遊び場に入って右手側奥にトイレと授乳室、おむつ替えがあり。おむつ替えは2か所ありました。

読書や休憩スペース

トイレの近く、三輪車の後ろ側にあります。

まとめ

ここのエリア入り口にスタッフさんが居て、大きい子は入れないって伝えてくれるんだけど、2回目行ったときはちょうどインターのお休みだったみたいで、スタッフの方がちょっと居なくなった隙に無法地帯化しました(笑)

結構な勢いで走ってるし、ブロックの積み上げもかなり高くて、一応この中でもさらに小さい80㎝ゾーンはよちよち歩きと、ズリバイの子が居たのでちょっと守られてはいたけど、、、行くなら春休み、夏休みなどの大型連休やお休みは避けた方が無難かなと思いました。

何もないただの平日は、本当誰もいないのでゆっくり小さい子のペースで遊べるかと思います★

詳細とMAP

住所 Gateway Ekamai, Phra Khanong, Khlong Toei, Bangkok 10110
最寄り駅 BTS エカマイ
営業時間 月~金11:00~20:00・土日祝10:00~20:00
電話 065 848-1000
サイト HPinstagramfacebook
対応 英語・タイ語
GoogleMap 開く

遊び場や遊んでくれるシステム付きカフェ『Little pea』でランチ@コモンズ2階

カフェ BTSトンロー 乳児のお出かけ 遊び場とカフェ

2020/9/10

バンコクの遊び場付きカフェ『Little pea』でランチ@コモンズ2階

無料遊び場付きのカフェ Little pea のランチに行ってきました! ズリバイの頃とかによく来てたんですが、当時は本当まっったくリトルピーのおもちゃにハマらなくて、ただひたすら持ってきたおもちゃで遊んでました。 それならランチのコスパ的にも上の階のRoastの方が、、、とか思ってたんですが、最近になって久々に行ってみようかなと行ってみたら、入った瞬間から早く遊びたくてしょうがない!って感じで、お昼ご飯にも中々戻ってこず大興奮。つかまり立ちの友達の子も楽しそうに遊んでました! おすすめポイント 預かりサ ...

ReadMore

これで無料なのが凄い!PlanToysの『Forest of Play』木のおもちゃ専門店の遊び場へ行ってきました!

遊び場とカフェ

2020/9/11

これで無料なのが凄い!PlanToysの『Forest of Play』木のおもちゃ専門店の遊び場へ行ってきました!

\ 2020年9月現在:コロナの影響でフォーマットにて事前予約制となってます / 予約フォーマット 午前の部9時30分~12時・午後の部13時30分~16時の2部 予約した時間内ならいつでも何時間でも可 12時~13時は昼休憩や清掃&消毒作業 ※また2歳児未満を除いて全員マスク着用義務があり プラントイのfacebookにて事前にご確認を! 問い合わせもFacebookに記載あり LINEに登録しておくと情報が流れてきます(LINE登録QRコード) ということで、前回行ったときにまさかのお休みで、再リベン ...

ReadMore

エカマイ科学博物館にある虫や昆虫・蝶々の標本『虫の世界』へ④

美術・博物館 遊び場とカフェ

2020/8/26

エカマイ科学博物館にある虫や昆虫・蝶々の標本『虫の世界』へ④

下の階にある恐竜博物館を楽しんだまめ助。虫にも興味があるかなーと、同じビルの5階にある虫の世界というフロアへ行ってきました。 主に幼虫や蝶々、昆虫、ちょっとした虫の体験が出来る遊び場がある感じで、虫が苦手な親はぞわぞわするエリアです。 ポイント BTSエカマイ駅すぐ 博物館全体の入場料:大人30B、子ども20B(乳幼児無料) 生きてる芋虫もいる 目次を見るエカマイ科学博物館への行き方いざ、虫の世界へ!エカマイ科学博物館の詳細とMAP エカマイ科学博物館への行き方 BTSエカマイ駅からエカマイ科学博物館への ...

ReadMore

【エカマイ科学博物館】大人と子ども2人で50Bで遊べる遊び場“PLAY GROUND”へ!③

遊び場とカフェ

2020/8/26

【エカマイ科学博物館】大人と子ども2人で50Bで遊べる遊び場“PLAY GROUND”へ!③

お昼休憩で11時50分~13時の間閉まります。 恐竜博物館を堪能したまめ助は、4階の蝶々エリアで思いのほか時間がかかり6階の遊び場へ行った頃には昼休憩に入ってました!残念過ぎる!! ということで1階のベンチでゲートウェイで買ったパンで昼食を済ませて、13時頃に再度遊び場へ行ってきました! エカマイ科学博物館へ行くなら、絶対ここは行っておきたいと思っていた場所。乳幼児は無料ですが、大人と子どもで50Bで好きなだけ遊べるエリア。ここを目的に訪れる人もおおいのでは、、、1歳2歳児には広さ的にも遊ぶもの的にも、す ...

ReadMore

恐竜ブームの息子とエカマイ科学博物館の中にある“恐竜博物館”へGo!その②

美術・博物館 遊び場とカフェ

2020/8/26

恐竜ブームの息子とエカマイ科学博物館の中にある“恐竜博物館”へGo! ②

恐竜ブーム真っ只中のまめ助!恐竜のフィギュアを買ってもらってからさらに加速し、朝起きてすぐにガオー。寝る直前までガオー。夜中に起きてガオー。ガオー見る?と聞いて、ガオーと返事をする徹底ぶり。 服を着るのを嫌がったって「ガオーの服だ!ガオーの服着る?」と聞けば「ガオー(こくり)」とうなずいてくれる、ガオー様様の毎日を送っています。 町中で恐竜っぽいシルエットを見れば大興奮。せっかくなら恐竜博物館へ連れて行きたいなと、バンコクにあるか検索をしてみたらエカマイに発見! さっそくエカマイの科学博物館(Scienc ...

ReadMore

遊び場スポットをもっと見る
乳児のお出かけ記事一覧を見る

おすすめ関連記事

  • この記事を書いた人
まめこ

まめこ

バンコク在住6年目、主婦のまめこです。2018年にバンコクにて男の子を出産。現在家族3人でほそぼそのんびりと暮らしています。 お問い合わせ

-乳児のお出かけ, 遊び場とカフェ

© 2020 まめこのバンコク滞在生活